くらし談義

誰もが「楽しくたくましく生きる」、そんな世の中をデザインする。<1/5>
東野唯史さん・東野華南子さん 『ReBuilding Center JAPAN』運営

長野県諏訪市にある『ReBuilding Center JAPAN』。空間デザインユニットとして活動してきた東野唯史さん、華南子さん夫妻が2016年にオープンした建築建材のリサイクルショップです。役目を終えた古材や家具にもう一度光を当てることで、新しい文化の構築を目指すふたり。昨年には中古住宅を購入し、エコハウスへのリノベーションもスタートしています。自分らしく豊かな暮らしとは何なのか、現在進行形で考え続けるおふたりにお話を聞きました。

PROFILE

東野唯史(あずの・ただふみ)
ReBuilding Center JAPAN』代表。大学卒業後、展示会場の設計デザインを手がけたのち独立。2014年の結婚を機に妻・華南子とともに空間デザインユニット『medicala(メヂカラ)』として全国で仮暮らしをしながら店舗のデザイン・施工・運営アドバイスを行う。2015年夏、新婚旅行先のアメリカ・ポートランドで『ReBuilding Center』に出会い、2016年秋、『ReBuilding Center JAPAN』を長野県諏訪市に立ち上げる。
 
東野華南子(あずの・かなこ)
『ReBuilding Center JAPAN』の広報、イベント企画、カフェ調理などあらゆる業務を担当。大学卒業後、コーヒーショップ店長やゲストハウスの女将を経て、2014年から夫・唯史と空間デザインユニット『medicala』の活動をスタート。運営アドバイスに加え、施工時の「現場めし」も担当。

文化をつくるために、普通の人を巻き込みたい

ー『ReBuilding Center JAPAN』(以下、リビセン)は、「建材のリサイクルショップ」と一言では語り尽くせない場所ですね。
 
唯史さん:解体が決まった建物から古材や建具、家具を引き取る、これを僕らは「レスキュー」と呼んでいるんですが、そうして集めた物をここでは販売しています。僕らの理念は“ReBuild New Culture”、新しい文化をつくりたいという思いがある。古く美しいものを次世代につないでいきたいということはもちろん、それらを通じて地域を豊かにしていけたら、と考えています。
 
ー建材と言うと敷居が高く感じますが、カフェがあるので気軽に入りやすいですね。カフェの窓から古材売り場が見えるのも楽しいです。
 
唯史さん:文化をつくっていくためには、建築のプロよりも「普通の人」を巻き込まなきゃいけないと思っています。そのためにカフェという場所が必要でした。たとえばカレーを食べに来た人が「古材で何かできるかも」と感じたり「うちにレスキューに来てもらおうかな」と思えたり、自分ごとに感じられるから。
 
カフェの家具は古材でつくったものですがつくりはシンプルだし、普通の人がちょっと頑張ればできるものも多いんです。働いているスタッフも、見た目に戦闘力高そうな子はいない(笑)。普通の子が楽しそうに働いていて、でも何かできている、という空気が分かってもらえたら嬉しいです。

リビセン1階のカフェ。窓の向こうに古材売り場が見える。床やカウンター、テーブルなどに古材が使われている。
 

ーリビセンを始めるより前、おふたりで空間デザインユニットとして古材を使ってゲストハウスやレストランを手がけていたことが、今につながっているのでしょうか?
 
唯史さん:そうですね。予算を抑えながらかっこいい仕上げにするために、古材をよく使っていたんです。でも、いつも近くの解体現場で交渉して譲ってもらうような行き当たりばったりのやり方だったので、「気軽に行けて安く買える古材屋を誰かやってくれないかな」と思っていました。
 
そんな時に「空家法(空家等対策の推進に関する特別措置法)」(※1)ができたんです。自治体が行政代執行で空き家を解体できる法律ができた!という、僕らにとってインパクトのある出来事でした。今では良い意味で機能している法律だと思いますが、当時は「このままいくと古いものが全部壊される、世の中の流れがやばい方に向かってる」と直感して。
 
僕らも地方の現場で仕事をすることが多かったから空き家を壊さなきゃいけない事情は分かるし、家主さんの気持ちも尊重したい。それなら解体で出た古材を資源として再利用して、その販売で雇用を生む仕組みを地方でつくれるんじゃないか、と思いました。それが古材屋をやろうと思ったきっかけです。
 

棚やテーブルに使える板材や古い建具、トタンなどがぎっしり並ぶ1階の古材売り場。
 
ーそこから『ReBuilding Center JAPAN』を立ち上げたのは?
 
唯史さん:同じタイミングでアメリカのポートランドにある『ReBuilding Center』に行く機会があって、そこで受けた衝撃や感動みたいなもの、ああいう空気感を持った古材屋が日本にあったらすごくいいなと思ったんです。彼らはNPOとしてリサイクルショップを運営していて、古材を売って儲けることより、活動を通して街やコミュニティを良くすることを目的にしているし、それができると信じてる。その理念が、売り場から伝わってくるんです。あの景色を見た時、「日本より20年ぐらい先を行ってるな」と感じました。
 
僕らが日本で古材屋を始めてもし迷うことがあっても、あそこに行けば日本の未来の景色が、答えがあるような気がしたから、『ReBuilding Center JAPAN』を名乗りたいと思いました。それに、世の中の流れが変わりそうなところに少しでも抗うには、ただの「東野古材店」ではダメで。「ポートランドの『ReBuilding Center』が日本にやってきた!」っていうメディア受けがいい話ならバーッと取材がきて広まるはずだ、と考えました(笑)。
 
華南子さん:正にその通りになりましたね(笑)。あの頃はポートランドがすごく流行って、いろいろなメディアで取り上げられていたから。


2・3階には家具から小物、食器が並び、宝探しのように楽しい。どこでレスキューしたものか、ほぼ分かるようになっている。
 

古材の難点も許容して楽しむ、その先にあるもの
 
ーレスキューする物の判断は、本国のポリシーに照らし合わせているんですか?
 

唯史さん:細かいルールはこちらで決めていて、「次の世代に残したいものか」という基準でレスキューしています。木材なら、基本は無垢材。ベニヤは放っておいても20年後30年後も残っているだろうからレスキューしなくてもいい。自然に還る素材かどうかも重要で、プラスチックだとかフェイクの素材は外します。鉄も残すし、錆びて一枚ずつ表情が違うトタン、縄、竹などもレスキューします。


古材は実際に見に来て選んで買わなきゃいけないけど、フェイクの素材ほど発注すれば確実に届くから使われることが多いんです。設計者はみんな忙しいし、電話とオンラインで完結しないような材料は確かに使いづらいと思う。
 
それに古材の難しいところは、ものが一個一個違うところ。「この形はこの量しかないし、次いつ入るか分からない」というものばかりだから、同じ材料で床を100㎡張りたいと言ってもまず確保できないんですよ。同じ時代の同じ家からレスキューしても、均一な床はできないんです。玄関に近い部屋は良い材料だけど、奥の部屋は安い材料を使っている、だとか。しかも木材なら曲がったり反ったり割れたり状態がバラバラなので、普通の無垢材よりずっと手間がかかってしまう。そこを住み手や設計者が許容して楽しめないと、難しいですね。
 
ー古材というと、日本ではアメリカのバーンウッド(納屋で使われていた古材)が多く使われていますね。
 

唯史さん:安くて大量にあるから使いやすいんです。でも国内で古材を使いこなせず捨てまくってるのに、外の古材を買ってる状況って矛盾がある。冷静に考えれば運搬のために船の石油が大量に使われているし、外国にお金が流れてるということ。目先の目的は果たせても、日本としての価値はちょっと下がるはずだと思う。
 
国内の古材ならCO2の発生が少なくて済むし、そもそも燃やされるはずだったものだから使えば使うほど環境負荷を減らせる。古材はそういう特殊な材料です。僕らはリビセンのショップやデザインした空間を通じて、「日本の古材でかっこいい空間をつくれる」ということを見せていきたいと思っています。
 
※1
2015年に完全施行された法律。空き家とは何かを定義し、自治体が空き家に立ち入って実態を調べたり所有者に適切な管理の指導をしたり、空き家の活用を促進できるよう定めたもの。問題となる空き家を自治体が「特定空家」に指定し、住宅の除却などの助言・指導・勧告・命令をしたり行政代執行(強制執行)もできるようにした。