シェアする暮らし

冬の食材で南国を感じられるホタテとクレソンのスパイスカレー

冬は素晴らしい。

美味しいもので溢れている。

冬の様々な食材でスパイス料理を作ってきたが、やっぱり美味しい。

ただ寒いのでやっぱり南国にも行きたい。

「冬ならではの美味しいものは食べたいけど南国も感じたい」

というなんともわがままなことを一皿にしたのが、今回の「ホタテとクレソンのスパイスカレー」。

スパイスの使い方や調理方法は、南インドの作り方を参考にホタテの出汁を楽しめるように工夫しました。

シナモンの甘い香り、マスタードのポップコーンの様な香ばしさ、フェンネルの気品ある香りをベースにピリッと効かせたパウダースパイスと塩でしっかりと味を付ける。

クレソンとミニトマトで爽やかさをプラスしたら、美味しさも見た目も南国溢れる一皿になります。

もしあればぜひカレーリーフも足していただきたい。
他のホールスパイスと一緒ではなく玉ねぎを入れるタイミングで入れるとカレーリーフの良さをより引き出せるような気がします。

帰りにスーパーに寄ってホタテとトマト、そしてクレソンに玉ねぎなどを買って行ったら、20分くらいで南国に行けます。

ぜひ作ってみてください。



ホタテとクレソンのカレー

ホタテとクレソンのスパイスカレー

[材料]
・ホタテ...1パック(約10個)
・玉ねぎ(みじん切り)...1個
・おろしニンニク...小さじ1
・おろし生姜...小さじ1
・青唐辛子(小口切り)...1本
・トマト(ざく切り)...1個
・クレソン(ざく切り)...1束
・ココナッツミルク...200ml
・ミニトマト...約8個
・水...300ml
・塩...小さじ1と1/2
・ホールスパイス
 ・マスタードシード...小さじ1/2
 ・シナモンスティック...1/2本
 ・フェンネル...小さじ1
 ・カレーリーフ...15枚
・パウダースパイス
 ・ターメリック...小さじ1
 コリアンダー...小さじ2
 ・ブラックペッパー...小さじ1/2
 ・パプリカ...小さじ1
 ・レッドペッパー...小さじ1/2


[作り方]
1.ホタテの貝ひもを剥がして、軽く刻んでおく
2.温めたフライパンに油を入れ、ホールスパイス(カレーリーフ以外)を加える。香りがたってきたら、玉ねぎ、カレーリーフ、青唐辛子も加え全体が薄い飴色になるまで炒める。

マスタードシード、シナモンスティック、フェンネルのホールスパイスを加える香りが立ったらカレーリーフを加える

3.ニンニク、生姜を加え香りが立ってきたらトマトを加え、水分がとぶまでしっかりと炒める。
4.パウダースパイス5種、塩、貝ひもを加える。
5.少しずつ水を加えていく。
6.ココナッツミルクを加え一煮立ちさせたらミニトマトを加え蓋をして5分ほど煮込む。
7.ホタテ、クレソンを加えまた蓋をして5分煮込む。

ホタテとクレソンを加えて5分煮込んだたら完成

“つきいちスパイスカレー部!”は横浜みなとみらいの街のシェアスペース「 BUKATSUDO」で開催中
 

本記事は、BUKATSUDO “つきいちカレー部!”の講師もつとめるスパイス料理の伝道師 メタ・バラッツさんが教える、絶品スパイスカレーのレシピコラムです。読んで楽しむだけでなく、自分で作って味わえる、おいしいコラム。