お宅拝見

木のぬくもりと職住一体<1/3>

3人の男の子を育てるFさんご夫妻。ご主人は雑誌、広告などを中心に活躍するフォトグラファーで、奥さまもアシスタントとして公私ともにサポート。協力して子育てをしていくために、限りある面積にワークスペースを設け、できるだけ家で仕事ができる暮らし方を実現しました。将来に備えて可変性を大切にしてつくられた空間は、現時点の家族の暮らしにぴったりとフィットした家になったといいます。



働きながら子育てができる
ワークスペースのある家


――LDKを建具で仕切って、開けておけばワンルームのように使える間取りになっていて、3人の息子さんたちも思い切り遊べる空間ですね。

奥さま 寝るとき以外は、寝室の建具も含めて開け放して広々と使っています。子どもたちはサッカーをしたり、走り回って遊んでいますね。真ん中の建具は、両親や妹家族などが泊まりに来ることがよくあるので、ゲストルームのように仕切るときに使っています。



ご主人 小さな子どもが3人いて、子育てのサポートが必要な時期なので、家で仕事ができる環境をつくることが希望でした。約55㎡とコンパクトな物件なのですが、ワークスペースは個室としてしっかり確保し、残ったスペースは状況に合わせて変えていけるような空間にできればと考えました。将来的に子どもの成長に合わせて、事務所を別の場所に設けて、ワークスペースを子ども室として使うことなども考えています。まだ未確定なことが多いので、LDKのほうも含めて、いろいろな暮らし方の可能性があると感じています。





――現在は、LDKの一角にある押入れスペースが息子さんたちの場所ですね。デスクとしても、クローゼットとしても使えるようになっていますね。
 
奥さま もともとこの場所には押入れがありました。スケルトン状態にしてすべて解体しているので、押入れを流用しているわけではないのですが、前に同じ団地の別の部屋に住んでいて、押入れのサイズ感や天袋がとても使いやすかったので、そのまま押入れを再現することにしたのです。下の段に洋服を掛けておけば、子どもたちが自分で好きな服を選んだりしまったりもしやすく、片付けや整理整頓の習慣を身につける練習にもなるかなと感じています。





ご主人 反対側の壁にも、天袋と同じ高さで棚があり、キッチンのほうまで続いています。二人ともあまり背が高くないので、上に棚があってもそれほど圧迫感を感じることなく、収納として便利に使えています。



奥さま できるだけ収納量は欲しかったので、この棚は嬉しかったです。キッチンの収納もできるだけ充実させて、可能なら扉をつくって隠したいと希望し、いろいろな選択肢から、壁付けタイプのタカラスタンダードのシステムキッチンを採用しました。壁付けにすることでLDKも広く使えますし、造作と比較するとコストも抑えることができました。結果的に収納力は抜群で、メンテナンスも簡単で使い勝手もよくて満足しています。琺瑯の面材は空間にも馴染んでいて、気に入っています。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 55.04㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1969年
  • リノベーション竣工年: 2019年

玄関を入ると右手に洗面、トイレ、浴室がコンパクトに収まる。その先にご主人のワークスペース。L字型のLDKは南北に走る建具で2つに仕切ることもできる。クローゼットがある個室は、寝室として布団を敷いて家族で川の字になって眠る。寝室の建具も引き戸で、寝るとき以外は開けてLDKの一部として広々と使っている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 山田笑子


    一級建築士/二級建築士 建築設計事務所を経て、2015年よりリノサポコンサルタントへ。 設計事務所での経験を活かした、“お客様の要望+アルファ”のプラン提案が得意です。ライフワークは「ねこ」。ねこと暮らす家の実績もございます。また、保護ねこ団体さんでのボランティアも行っています。