お宅拝見

「働く」と「住む」と斜めの壁<1/3>

それぞれデザイン関係のお仕事をされているご夫婦。 美術館や大きな公園なども近いエリアで、築35年、62㎡の中古マンションをフルリノベーションしました。特徴的な斜め壁で一つの空間を仕切り、玄関土間にワークスペースを設えた空間は、コロナ禍の自粛でご夫婦ともにリモートワークになった状況でも、「働く」と「住む」の両方を楽しめる家になっています。



夫婦2人のリモートワークに
対応できるワークスペース


――長方形の空間の中央に斜めの壁が走り、LDKと水まわり・寝室のゾーンを仕切っていますが、間取りとしては完全に閉じた部屋がないワンルーム状態ですね。

ご主人 プランは「働く」と「住む」の関係性をテーマとして考えていきました。2人とも会社員なのですが、私が個人でもデザインの仕事をしているので、家で仕事をすることも多く、デザインを考えたり、家で製品の撮影をしたりする機会もあります。ワークスペースは必要だったのですが、完全に分けてしまうのではなく、お互いの気配がなんとなくわかる程度に、ゆるくつながっているといいなと思っていました。

このプランは、設計者の松島潤平さんから4つの方向性を提案してもらった中で、一番思い切ったアイデアを形にしたものでしたが、私たちにはこれがしっくりきました。ダイニング、キッチン、寝室、ワークスペースなど、私たちが生活する上で必要なエリアをそれぞれ十分な広さで確保できる案でした。バルコニー側のソファスペースに向けて緩やかに空間が狭くなっていくことで、壁を隔てた反対にある寝室スペースを広く確保できることができ、私たちの要望をすべて叶えてくれるプランでした。

――ご主人のワークスペースは、玄関土間の一角にあるデスクや収納をつくり付けているコーナーですね。奥さまも家で仕事をすることはありますか?

 

奥さま 入居は2019年末ですが、引っ越してからすぐにコロナ禍の自粛で、私もほぼリモートワークになり、2人とも家で仕事をしています。私のワークスペースはカウンターテーブルの一角です。ハイスツールで仕事をしているので、ふとしたときに外の公園の緑が見えるところが気に入っています。夫とオンライン会議が重なることもあるのですが、距離が離れているので、お互いの話し声が気になる、ということはほとんどありません。以前の家だったら厳しい状況になっていたと思います。




ご主人 玄関土間に横並びでデスクを並べて、2人分のワークスペースをつくるという案もあったのですが、オンライン会議などが日常的になった今の状況を考えると、隣どうしではなく、少し距離を保てる場所にワークスペースを配置した今のプランでよかったと感じています。    


 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 62.29㎡
  • 間取り: ワンルーム
  • 既存建物竣工年: 1984年
  • リノベーション竣工年: 2019年

玄関を入ると正面に短手方向いっぱいに玄関土間が続く。窓際の一角にはL字にデスクがつくり付けられたご主人のワークスペース。長方形の空間の中心が斜めの壁で仕切られ、LDKと寝室・水まわりに分かれているが、寝室とLDKの間仕切りは胸の高さ程度の壁。トイレ、風呂を除き、すべての空間は完全に閉じずに、ゆるやかにつながっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 井上天

     
    宅地建物取引士/管理業務主任者
     
    埼玉県さいたま市生まれ。不動産管理会社にて、プロパティマネージャーとして、オフィスビル及びマンションの管理運営業務に従事。その後、法律事務所へ転職し、不動産に係る紛争解決からベンチャー企業の開業・運営コンサルの経験を経て、リビタへ入社、リノサポコンサルタントへ。
    住宅とは「暮らす場所」であると同時に大切な「資産」であるという視点を常に持ち、お客様ごとの価値観に基づいた暮らし方を、リノベーションで実現できるよう提案いたします。