お宅拝見

北欧家具とアートのある暮らし<1/3>

結婚後に2人で暮らす家を探していた井上さんご夫婦。ご主人がショップ&ギャラリー経営、奥さまがデザイン系のイベントを手掛ける会社を経営している、クリエイティブなご夫婦です。一棟まるごとリノベーションのリノベーション済みの物件を、一目見て気に入り、リビタの「あとリノ」のサービスを使って、自分たちの暮らしに合わせてアレンジを加えました。家具のコーディネイトも完璧なお二人の暮らしぶりについて詳しくお聞きしました。

ヘリンボーンの床が気に入って購入したリノベーション済み物件でくつろぐご夫婦

収納はものや暮らし方に合わせ、
「あとリノ」でフレキシブルに


——井上さんご夫妻は、一棟まるごとリノベーションの「リノア目黒大橋」のリノベーション済みの空間を見学して、購入を決められたそうですね。決め手になったポイントを教えてください。
 

奥さま 見た瞬間に「ここに住みたい!」とほぼ即決でした。ヘリンボーンの床がすごく気に入って、キッチンや寝室の配置なども暮らしやすそうだなと感じました。
 
ご主人 ドアノブや幅木などのディテールまでこだわりが詰まっている空間であることが伝わってきました。空間が生きている感じがいいなと。空気の流れが良くて、透明感がある印象でしたね。
 
一棟まるごとリノベーション「リノア目黒大橋」の物件購入の決め手になったヘリンボーンの床
 
奥さま 実は希望のエリアではなかったので、それほど期待せずに見学に来たのですが、エリアを変更してもいいと思えたほど魅力的でした。神泉駅と池尻大橋駅の間にあるこのエリアは馴染みがなかったのですが、住んでみるととても便利で、大きな公園も近く、その良さが分かりました。今ではエリアもここで良かったと満足しています。
 
——リビタの「あとリノ」というサービスを使って、部分的にアレンジされたとのことですが、どのように手を加えたのですか?
 
奥さま 寝室として使っている部屋に部分的に壁をつくって、ウォークインクローゼットをつくりました。もともと持っていた収納家具を収められるように壁の位置を決められたのがよかった。完全に仕切らないことで、圧迫感もなく、通路としても使うことができ、寝室、クローゼット、リビングダイニングがつながり回遊できる動線になりました。
 
寝室に壁を作ってウォークインクローゼットを追加リノベーション工事

寝室、クローゼット、リビングダイニングがつながり回遊できる動線に
 
ご主人 収納がなかったので、最初はどうしようかなと思ったのですが、「あとリノ」のサービスがあったので、自分たちの暮らし方や必要な収納量に合わせて、クローゼットを設計することができてとても快適になりました。ベッドも先に気に入ったものを選び、そのサイズを考慮して壁の位置を決めることができたので、無駄のない効率的な空間の使い方ができていると思います。
 
奥さま 洗濯機の上の吊り戸棚も併せて造作してもらいました。「ここに棚が欲しい」と思ったところに、好きなサイズとデザインでつくることができる自由さが嬉しいですね。

洗濯機の上の吊り戸棚を造作
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 64.81㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1996年
  • リノベーション竣工年: 2019年

玄関を入ると長い通路があり、右手に個室が一つある。その先に洗面・浴室、トイレが並ぶ。通路の先にドアを隔ててダイニングとリビング。ダイニングの隣に独立したキッチンがある。リビングからドアを隔てて寝室へアクセス。「あとリノ」で追加した間仕切り壁の向こうにウォークインクローゼットがあり、そこからダイニングへと回遊できる間取りになっている。

PROJECT MEMBER