お宅拝見

L型ステンレスキッチンと回遊動線<2/3>

キッチンから水まわりへと続く、 行き止まりのない回遊動線

キッチンから水まわりへと続く、
行き止まりのない回遊動線


——キッチンから水まわりへの回遊動線をはじめ、玄関脇の収納のロフト、リビングの小上がりなど、間取りや立体的な空間の使い方も特徴的ですね。
 
ご主人 LDKはできるだけ広くしたかったことと、キッチンにはこだわりがあったのですが、間取りについては、設計者のアラキ+ササキアーキテクツからの提案をもとに決めていきました。キッチンから水まわりへの回遊動線をポイントとして、梁や配管の位置なども考慮しながらキッチンやトイレの位置が決まって、自然とこの間取りが導かれた感じです。友人の子どもたちが集まることも多いのですが、かけっこができる行き止まりのない空間を楽しんでくれています。玄関側にあるロフトを設置した収納は、将来は子ども室になる予定です。

オープンだが、綺麗に見えるロフトを利用した収納術
 
奥さま 実際に住んでみて、この回遊動線はすごく便利だなと感じています。どちらからも出入りできるのが快適だし、たくさんの人が行き来する時にもぶつかることがありません。洗面は動線上にあり、オープンなのですが、いつも見えているからきれいにキープすることを心掛けるようになり、気持ちよく使えています。
 
どちらからも出入りできるのが快適な回遊動線
 
ご主人 小上がりは前の家に畳があって便利だったので、畳が欲しいと希望していたところ、この小上がりを提案してもらいました。娘がよくここで遊んでいます。人が集まった時も何人でも座れるので便利ですね。
 
木目のフローリングに調和した畳の小上がり

——仕上げの素材や意匠などについては、どのように選びましたか?
 
ご主人 日本の古道具やイギリスのヴィンテージなど、木の家具が多いので、それらをベースに相性のよいものを選んでいます。素材は木、ステンレスが中心で、色は白、グレー、黒などのモノトーン系。一番こだわったのはフローリングですね。床暖房に対応した店舗用の幅広のフローリングを選びました。素足で触れても気持ちいいし、傷がついても気にならないラフな質感が気に入っています。
 
日本の古道具やイギリスのヴィンテージが調和するリビング
 
奥さま あまりピカピカのものは好きではないので、キッチンのステンレスもヘアライン仕上げを選びました。こちらも傷がついても気にならない質感です。キッチンのタイルは少し遊びたいなと思って、六角形のモザイクタイルを選びました。それでも、アクセントというよりは、木の色に馴染む赤茶色を選んで馴染ませています。

傷がついても気にならない質感で、木の色に馴染む赤茶色のキッチン
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 66.46㎡
  • 間取り: 1LDK
  • 既存建物竣工年: 1984年
  • リノベーション竣工年: 2016年

玄関を入ると左に寝室、右に収納。収納にはシングルベッドサイズのロフトがつくりつけられており、ロフトの下はクローゼットとして使える。リビングダイニングには畳の小上がりもある。リビングダイニングと一体となったL型のキッチンは、トイレ、洗面、浴室などの水まわりへと連続し、リビングダイニングへと通り抜けができる回遊動線になっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 鈴木芽久美


    宅地建物取引士/既存住宅アドバイザー/省エネ建築診断士


    2011年に株式会社リビタへ新卒で入社。同社が企画・運営を行うシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」の管理運営を経験後、リノサポコンサルタントへ。
    現在は主に戸建てリノベーションを担当しておりますが、マンションのリノベーション経験も豊富です。また、DIYなど「自ら手を入れる暮らし」の提案も、手描きのスケッチやプランを使いながら、お客様へわかりやすい説明をいたします。