お宅拝見

L型ステンレスキッチンと回遊動線<1/3>

ご夫婦と4歳の娘さんが暮らすF邸は、築33年、約66㎡の中古マンションをリノベーションした住まい。飲食店で調理の経験もある奥さまは料理が好きで、その腕はプロ級。月に1〜2回は友人たちが集まり、奥さまの料理でもてなします。業務用を参考にしたL型キッチンを中心に、水まわりへと通り抜けができ、リビングダイニングへと回遊できる動線が特徴で、4歳の娘さんや遊びに来た子どもたちも元気に走りまわっているそうです。こだわりのキッチンや家づくりについて詳しくお話を聞きました。

シンクや家電が両側から使える機能的なL型キッチン
 
シンクや家電が両側から使える
無駄なく機能的なL型キッチン
 

——L型の大きなキッチンを中心に、水まわりからリビングダイニングまで回遊できる行き止まりのないプランですね。キッチンは面積も広く存在感がありますが、こだわりを教えてください。
 
奥さま 自分が思い描く通りのキッチンをつくってみたいというのがリノベーションの最大のテーマでした。月に1〜2回は友人たちを招き、料理でもてなすのが好きなので、ゲストも一緒に料理したり作業したりできる広いキッチンがいいなと。一般的なアイランドキッチンでは足りないくらいで、業務用の厨房のようなキッチンをつくりたいと考えていました。実は飲食店の厨房で調理をしていた経験があり、業務用の厨房には機能的なメリットが多いと感じていて、いろいろと参考にしたのです。
 
オールステンレスで機能的なキッチン
 
——具体的にはどのようなところを参考にしたのですか?
 
奥さま 素材はオールステンレスです。熱いものを直接置けるし、掃除もしやすい。手前につけたバーはいろいろなものを引っかけられ、作業中にもたれかかることもできます。シンクの上には重い鍋やフライパンなども置けるステンレスの吊り棚もつくり付けました。鍋などは洗った後に吊り棚に置き、乾燥させています。それから、シンクのふちに段差を付けて水切れをよくして、ダイニング側のシンクのふちを広めに設け、つくった料理を置けるようにしたのもこだわり。水栓は180度回転できる製品を選び、キッチン側とダイニング側の両方から使えるようにするなど、こうだったらいいのにという希望を一つひとつ形にしました。
 
重い鍋やフライパンなども置けるステンレスの吊り棚

——L型のキッチンにしたのは広さが必要だったからですか?
 
奥さま それもありますが、L型は無駄がなく、周囲に人が集まるようなキッチンをつくるには最適だと考えました。コーナーの部分は、オーブントースターやミキサーなど毎日使う家電を置く場所にしています。オーブントースターもキッチン側とダイニング側の両側から使えて便利です。また、コーナーの下の部分は水栓の配管が入っていて、デッドスペースにすることなく有効に使えています。

L字のコーナーにはオーブントースターやミキサーなど毎日使う家電を置く場所に
 
——ご主人も一緒に料理をするのですか?
 
ご主人 パスタ料理は得意でつくることもありますが、普段の料理はほとんど妻に任せています。ものが収まるべき場所に無駄なく収まっている様子や、両側から水栓やオーブントースターが使えるなど、デザインと使い勝手を両立し、機能美を感じるキッチンは私も気に入っています。食後に食器をシンクのふちに下げて、シンクで洗うという動作もスムーズです。また、友人が集まった時には、食後にシンクを囲んで皆で食器を洗うことも。キッチンがさらに深いコミュニケーションを生み出す場になっているように感じています。
 
 実用的な調理器具に囲まれて料理をする奥様
 
シンクを囲んで家族や友人と調理をすることもできるキッチン
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 66.46㎡
  • 間取り: 1LDK
  • 既存建物竣工年: 1984年
  • リノベーション竣工年: 2016年

玄関を入ると左に寝室、右に収納。収納にはシングルベッドサイズのロフトがつくりつけられており、ロフトの下はクローゼットとして使える。リビングダイニングには畳の小上がりもある。リビングダイニングと一体となったL型のキッチンは、トイレ、洗面、浴室などの水まわりへと連続し、リビングダイニングへと通り抜けができる回遊動線になっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 鈴木芽久美


    宅地建物取引士/既存住宅アドバイザー/省エネ建築診断士


    2011年に株式会社リビタへ新卒で入社。同社が企画・運営を行うシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」の管理運営を経験後、リノサポコンサルタントへ。
    現在は主に戸建てリノベーションを担当しておりますが、マンションのリノベーション経験も豊富です。また、DIYなど「自ら手を入れる暮らし」の提案も、手描きのスケッチやプランを使いながら、お客様へわかりやすい説明をいたします。