お宅拝見

バーカウンターキッチンと料理とワイン<2/3>

 

 

家具に合わせてつくる
木の使い方が光るインテリア

 
——キッチンも家具のようにインテリア性が高いのですが、LDKのその他の家具、床、寝室や玄関にアクセントとして使った木など、空間全体が統一感のあるテイストでまとめられていますね。
 
ご主人 最初に「TRUCK furniture」のソファやテレビボードなど、リビングに置く家具を選んで、配置やそれらに合わせたインテリアを考えていきました。リビングで過ごす時間が多いので、できるだけ広くしたいと希望。ソファはかなり大型のものを選んだため、それを置くことを前提に考えると適正な広さや配置なども決まっていきました。


 
奥さま リビングのフローリングは、家具に合わせて幅広でエイジング加工されたものを選びました。壁と天井は白の塗装です。キッチンと同様にゴツめのラフなテイストにして、木を使いたいと希望しました。また、寝室の壁や玄関の天井、トイレの壁と天井にもフローリングを貼っています。こんなにいろいろな木の使い方ができることに驚きました。私たちが好きな木の雰囲気をふんだんに盛り込みつつも、重くならないようにバランスが取れていると思います。植物が好きで買い集めているのですが、ざっくりした木の雰囲気に緑がよく合うのも嬉しいポイントです。
 

 
——書斎とリビングが室内窓でつながっていますが、このアイデアはどのように生まれたのですか?
 
ご主人 勉強やパソコンをする場所として書斎は欲しいと思っていたのですが、どこにつくるかまでは考えていませんでした。この家は南北と東の3方向に大きな窓とバルコニーがあります。東の窓も活かしたいとお願いしたところ、窓の位置に合わせて書斎をつくり、大きめの室内窓でリビングにまで光を取り込むというプランになりました。
 



 
——玄関には広めの土間があり、土間と浴室の間の壁にもガラスブロックを配していますね。
 
奥さま 自転車を置いたりするのに、土間は広めにつくりたいと思っていました。水まわりは思い切って遊びたかったので、浴室の壁はブルーのタイルに。ハーフユニットというタイプの浴室で、壁の仕上げは好きなものが選べるのです。ガラスブロックはデザイン的にもタイルと合っていますし、玄関から光を取り入れられるのでとても良いアイデアだと感じています。
 


間取り・プランを見る

  • 専有面積: 84.53㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1985年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関と一体となった広い土間と収納。左手には通路に沿って個室の寝室、ウォークインクローゼットが並ぶ。右手には洗面室と浴室。浴室と土間の間の壁には採光のガラスブロックがはめ込まれている。通路の先には広々としたLDK。中心となるのはⅡ型のオープンなキッチンで、奥には棚をつくり付けたパントリーもある。手前には書斎があり、LDKと室内窓でつながっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 鈴木芽久美


    宅地建物取引士/既存住宅アドバイザー/省エネ建築診断士

    2011年に株式会社リビタへ新卒で入社。同社が企画・運営を行うシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」の管理運営を経験後、リノサポコンサルタントへ。
    現在は主に戸建てリノベーションを担当しておりますが、マンションのリノベーション経験も豊富です。また、DIYなど「自ら手を入れる暮らし」の提案も、手描きのスケッチやプランを使いながら、お客様へわかりやすい説明をいたします。