お宅拝見

バーカウンターキッチンと料理とワイン<1/3>

住みやすさで人気の清澄白河エリアで、築33年、約84㎡の中古マンションをリノベーションしたIさんご夫妻。お酒が好きだというお二人は、古材のチークを貼った大きなキッチンを家の顔と考えました。料理をしながらお酒を飲んだり、友達が来たときは立ち飲みのように周りを囲んだり、人が集うバーカウンターのような場所として楽しんでいるといいます。そんなIさんご夫妻に、家づくりについて聞きました。

 

 

立ち飲み感覚で周りを囲む、
人が集うキッチンカウンター

 
——LDKがとても広く、大型のソファなどもゆったりと置かれていますね。とくに存在感のあるキッチンが目を引きます。こだわりを教えてください。
 
奥さま 料理とお酒が好きで、つくりながら飲めるバーカウンターのような使い方ができるキッチンにしたいと思っていました。作業や盛り付けのスペースはもちろん、周囲に人が集まってお酒を飲めるような、広いキッチンが希望だったのです。リビングと対面でシンクと一体となったステンレスの天板を広めに設け、リビング側に足台をつくり、ハイスツールを置いてカウンターとしても使えるスタイルになりました。
 
ご主人 私はあまり料理をしないので、妻がつくっている間にスツールに腰かけて軽くお酒を飲んだりしています。休日は昼から二人で飲むことも。友人が来ることが多いのですが、立ち飲み感覚でこのカウンターの周りを囲み、楽しい時間が過ごせます。
 

 
奥さま 料理をしている時も会話が楽しめるのがいいですね。オープンでリビングとつながっているキッチンだから、自由に人がキッチンの中にも入ってこられます。たくさん友人が来てくれることもありますが、このキッチンなら私もお酒を飲んで、つくっては飲みを繰り返しながら参加できます。
 
——ダイニングテーブルはキッチンから少し離れた位置にありますが、普段の食事はこちらでされているのですか?
 
ご主人 そうです。もともと持っていたお気に入りの家具で、活かしたいと思っていました。シンク一体のカウンターをもっと長くしてつなげるという案もあったのですが、ダイニングテーブルを活かし、間を空けることでパントリーからの効率的な動線にも。実際にカウンターの周りに人が集まるので、この配置でよかったと思います。
 

 
——キッチンのボディには古材が貼られているのですね。
 
ご主人 アメリカの古い建物など、武骨な雰囲気のものやインダストリアル系のものが好きで、木を取り入れたインテリアを希望したところ、設計者のオフィス・エコーの江本響さんがチークの古材を提案してくれました。幅や濃淡がランダムになっていてラフな印象に仕上がり、気に入っています。
 

 
奥さま リビングから見える吊り戸棚も、見え方が同じになるように仕上げてもらいました。キッチンの内側の引き出しも木ですが、こちらは合板で予算的な調整をしています。引き出しは濡れた手で触れることもありますが、無垢の木ではないのでそれほど気になりません。壁に貼ったグレーのタイル、toolboxの取っ手など、細かいパーツなども一つひとつ自分たちで選んで決めました。キッチンはこの家の顔であり、私たちにとっても愛着がある空間になっています。


 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 84.53㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1985年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関と一体となった広い土間と収納。左手には通路に沿って個室の寝室、ウォークインクローゼットが並ぶ。右手には洗面室と浴室。浴室と土間の間の壁には採光のガラスブロックがはめ込まれている。通路の先には広々としたLDK。中心となるのはⅡ型のオープンなキッチンで、奥には棚をつくり付けたパントリーもある。手前には書斎があり、LDKと室内窓でつながっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 鈴木芽久美


    宅地建物取引士/既存住宅アドバイザー/省エネ建築診断士

    2011年に株式会社リビタへ新卒で入社。同社が企画・運営を行うシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」の管理運営を経験後、リノサポコンサルタントへ。
    現在は主に戸建てリノベーションを担当しておりますが、マンションのリノベーション経験も豊富です。また、DIYなど「自ら手を入れる暮らし」の提案も、手描きのスケッチやプランを使いながら、お客様へわかりやすい説明をいたします。