お宅拝見

240㎡の拡張性と余白を残す豊かさ<1/3>

HOWS Renovationの「赤堤の家」は、面積が240㎡以上ある5層のスキップフロア。正面にある大きなケヤキを中心に緑に囲まれた環境に建つ、レンガ張りのコンクリート造の戸建て。自然と人工物の対比に惹かれ、この物件を選んだのは、30代の単身男性のMさん。壁に好きなアートを飾り、余白は余白のまま残し、将来的な変化にも柔軟に対応していきたいと話す。Mさんとともに、担当コンサルタントの桜庭伸也さんも交え、暮らしぶりについてお聞きしました。



緑の中のコンクリートの建物。
自然と人工物の対比に惹かれる

 
——Mさんは現在一人暮らしとのことですが、面積が240㎡以上ある一戸建ての「赤堤の家」を新居として選ばれた理由を教えてください。
 
Mさん 最初は新築マンションを購入するつもりで物件を探していたのですが、その過程でたまたま見つけたのが「赤堤の家」でした。直感でビビッときたのですが、言葉にするなら他にはない開放感に惹かれました。
家の前に大きなケヤキの木があり、緑に囲まれた中に建つコンクリート造。自然と人工的なものを合わせる対極的な建築スタイルは、森の中に建つ「イームズハウス」のようなイメージでしたね。
室内もコンクリートの無機質な部分もありつつ、木を使っている部分が多く、コントラストがとれているのもいいなと思いました。デザインも良く、リビングの天井の勾配、スキップフロアの間取り、スペースの取り方も面白い。他ではなかなかないと思います。もともとデザインや建築が好きで、ここに住みたいという思いで決めました。将来的に結婚したり家族が増えたりした時のことを考えると、広いほうがいいなとも考えていたので、面積については広すぎるとは思いませんでした。
 

 
——どれくらいの面積の家を希望されていたのですか?
 
Mさん 100㎡以上で探していました。新築やリノベーション済みのマンションも検討しましたが、100㎡以上となると選択肢が少なく、一つひとつの個室が狭かったり、とても価格が高かったりと、住みたいと思えるような家に出会えていなかったのです。
 
——ケヤキの木をはじめ、周辺も緑が多く自然が豊かですね。
 
Mさん 約10年間、港区に住んでいて、そろそろ緑が多くて静かなところでゆったりと暮らしたいという心境でした。この環境の良さにも惹かれました。
 
桜庭 ケヤキに鳥の巣箱を付けられているのを見て、この環境を楽しんでいらっしゃるなと思いました。もともと建築家によって丁寧に設計されており、ケヤキを中心につくられた240㎡以上の住宅。リノベーション会社の私たちとしても残していきたいと思える貴重な建物でした。
 


Mさん 春には鳥がたくさん来るので、このケヤキに住んでくれたらいいなと思って設置しました。まだ鳥は住んでいないようですが、気長に待ってみようと思っています。ケヤキも立派ですが、南側に藤が育っており、生長が早くて、夏の時期は自分で剪定しないと追いつきません。樹木や植物の手入れも結構大変なのですが、嫌いではないので、楽しんでやっています。家事や料理、DIYなども結構好きです。この家のメンテナンスをすることは日々の生活の一部であり、趣味のひとつにもなっています。
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 240.97㎡
  • 間取り: 5LDK
  • 既存建物竣工年: 1982年
  • リノベーション竣工年: 2018年

吹き抜けの玄関ホールから連続するように1階の広い予備室。ここは将来セカンドリビングとして、もう一つキッチンをつくることもできる。半階下がって、水まわりとゲストルーム。半階上がると寝室、ライブラリー、収納として使っている部屋、さらに半階上がると書斎とLDKがある。地階にストレージがあり、全部で5層のスキップフロア。部屋の間仕切りや建具は最小限に留められ、立体的なつながりが感じられる。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ
    桜庭伸也


    宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー