お宅拝見

40段の階段と趣味を深堀りできる家<1/3>

  • 所在地: 神奈川県横浜市
  • 居住者構成: 夫婦
  • 専有面積: 136.28㎡
  • 間取り: 2LDK
HOWS Renovationの「横浜荏田北の家Ⅰ」の2階には、間仕切りのない大空間が広がる。真っ白なキャンバスのように、自由に暮らしをつくっていけそうなこの家に一目惚れしたというNさんご夫妻。ご主人はプロダクトデザイナー、奥さまは西洋民芸のショップに勤める。ゆくゆくは40段ほどの階段のアプローチやゆとりのある空間を活かし、家を住み開いていきたいと話します。担当コンサルタントの桜庭伸也さんも交え、暮らしぶりについてお聞きしました。



40段の階段はポテンシャル。
広い玄関はショップのイメージ


——Nさんご夫妻は、「横浜荏田北の家Ⅰ」のどんなところが気に入って購入を決めたのですか?
 
ご主人 部屋数は必要なく、ワンルームで広い空間に住みたいと思っていました。2階に広がった空間を見た時はとてもテンションが上がって、一目惚れのような状態。間仕切りがなく、白い箱だけが用意されていて、住みながら自分たちでいかようにでも色づけできそうだというのが響いたところです。天井の黒い鉄骨の梁が現しになっているのも好みでした。



桜庭 初めてご案内した時の、ご主人と奥さまのテンションの違いが印象的でした(笑)。ご主人はすぐにでも決めたいという感じでしたが、奥さまはとても冷静に見学されていましたよね。
 
奥さま 景色が開けていて、日当たりも風通しも良く、すごく明るい。私もとても居心地がよくていい家だと思いました。でも、周囲の友人も家を買い始めて、そろそろ私たちもと考えて、探し始めたばかりで、最初に見つけたのがこの家だったから、即決はできなくて…。とりあえず他も見ておこうとマンションなどの見学にも行きました。ちなみに梁は私も惹かれたポイントで、いろいろなものが掛けられるのが魅力的だなと。実際にいろいろ掛けて楽しんでいます。
 
桜庭 この物件は高台にあり、前面道路から約40段の階段のアプローチがあります。やはり最初はこの階段を気にされていましたよね。



奥さま 他の物件を見ている間に、3〜4回ほど来て階段を登ってみました。仕事帰りにもシミュレーションしてみて大丈夫だと確認するうちに、この階段の可能性に期待できるかもしれないと思うようになったのです。たとえば、将来的にショップをやるとしたら、この階段がよいアプローチになり、階段や庭も含めてイベントスペース的に使ったりもできそうです。玄関の土間がとても広く、ホールもちょっとした部屋のようなスペースがあり、ここをショップ空間にするというイメージも浮かんできました。
 
桜庭 現在もテーブルとソファがあり、壁には素敵な抽象画が飾られ、ギャラリーのようで、すでにその片鱗を感じました。この広い面積を使いこなし、余白も含め自分たちの空間としているのがすごいなと思いました。家具や植物なども含め、置いてあるものの高さやスケール感がすごくいいバランス感で収まっていますよね。



間取り・プランを見る

  • 専有面積: 136.28㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1985年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関を入ると広い土間とホールが広がる。ホールは将来的に個室をつくることができるほどの広さがある。1階には寝室と個室がもう一つ。三角形の土地に四角い箱が入ったような建ち方をしているため、ホール、水まわり、2つの個室はそれぞれ庭に面している。2階は36帖以上あるワンルーム。4方向に窓があり、明るく開放的な空間となっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ
    桜庭伸也


    宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー