お宅拝見

50㎡台のワンルームと都会のミニマムな暮らし<1/3>

コーポラティブハウスというスタイルで、15年前に家づくりを経験したNさんご夫妻。2度目となる今回の家づくりは、築12年の築浅で、面積50㎡台のコンパクトな中古マンションを選び、リノベーションをすることにしました。既存を上手く活かしながらも、間仕切りのないワンルームに一新した空間は、猫2匹と暮らす、今のNさんご夫妻にぴったりの快適な住まいになったといいます。



フレキシビリティを大切に。
既存を活かしたワンルーム


——Nさんご夫妻は、既存の1LDKの個室の壁を取り払い、ワンルームにリノベーションされました。寝室も一体となった、個室のない間取りがご希望だったのですか?

ご主人 既存の間取りを見た時、個室の壁だけ取れば、水まわりなどは大きく変えなくても、思い描いていた通りの空間になりそうだと、ぴったりはまった感じでした。以前の住まいも1LDKで、3枚引戸で仕切られていたのですが、ほとんど開け放って暮らしていたので、私たちにはワンルームの方が暮らしやすいと考えていたのです。広く開放的で、フレキシビリティが高い空間であることが大切でした。一部に小上がりをつくるなどのアイデアも出たのですが、自由に家具の配置を変えられるほうがよかったので、シンプルなワンルームに落ち着きました。

奥さま 実際、リビングとベッドスペースを入れ替えることも可能です。私たちは生活の時間帯も同じで、音や光などに敏感なタイプでもないので、寝室を個室にする必要は感じませんでした。猫2匹もいるので、できるだけ広々と自由に行き来できる空間がいいなと思っていましたね。昔から6畳程度の広さの個室には、あまり魅力を感じないのです。



——キッチン、洗面、浴室などの水まわりは、位置もそのままで設備も既存利用されているんですね。

ご主人 築12年と築浅で、十分に使えるコンディションでした。ヴィンテージマンションなども候補にしていたほどで、築浅にこだわっていたわけではないのですが、予算的なこともあるので、使えるものはそのまま使いたいとお願いしました。水まわりの変更には大きな予算がかかり、水まわりに手を入れたら他で妥協することになりますからね。家具なども以前の家から引き続き使っているものがほとんどです。気に入って買ったものなので、使い続けたいと希望しました。

奥さま キッチンはタカラスタンダードのシステムキッチンが入っていましたが、天板やシンク、コンロなど、部分的に新しいものに交換しています。木目調の面材は問題なかったのでそのままです。洗面はボウルも下部収納の面材もそのままですが、取っ手だけ変えてもらいました。キッチンも洗面も、壁にタイルを貼ったことで、雰囲気は大きく変わったと思います。





ご主人 
玄関の収納も、扉を含めて既存利用ですが、取っ手があまりピンとこないなあと設計者さんにお伝えしたら、全体の雰囲気に合わせて、取っ手だけ替えてもらいました。それだけで私たちの好みにとても近づいたように思います。できることは限られていたのですが、ちょっとしたことで印象は随分変わるのだなと感じましたね。


 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 57.33㎡
  • 間取り: ワンルーム
  • 既存建物竣工年: 2004年
  • リノベーション竣工年: 2016年

広めの玄関ホールに収納とトイレがある。その先が一室空間のリビングダイニングキッチンで、一角にベッドスペースもある。玄関ホールとリビングダイニングキッチンを仕切るドアはあるが、個室はない。キッチンの奥に洗面室と浴室があり、生活動線に合わせた効率的な間取りとなっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 山田笑子


    一級建築士/二級建築士 建築設計事務所を経て、2015年よりリノサポコンサルタントへ。 設計事務所での経験を活かした、“お客様の要望+アルファ”のプラン提案が得意です。ライフワークは「ねこ」。ねこと暮らす家の実績もございます。また、保護ねこ団体さんでのボランティアも行っています。