お宅拝見

壁式構造とメリハリのある空間<3/3>



大事なこだわりはしっかり実現。
無理なくコストをコントロール


——予算の調整で、難しかったところなどはありますか?
 
Nさん スタート時点から、軽い気持ちで始めて、予算のこともあまり考えていなかったのですが、やっぱりいろいろやるとお金がかかるということも理解できて、できるだけ予算をかけない方向で調整していくことになりました。でも、予算的に難しければ、前向きに他の方法を考えるという感じで、それほど無理なく調整できたと思います。
 
飯田 具体的には、壁・天井は塗装風クロスでいいと、早い段階で決めていただきました。浴室・トイレの設備やミラーなども既存活用。床は幅広のオークで、白っぽいものというご希望はキープして、既存の床の上から張ることで予算を押さえています。キッチンはtoolboxのものですが、シンク下部はオープンなので、収納部分はNさんにお任せしました。造作のカウンター下部も同様です。Nさんが以前の住まいで使っていた食器用シェルフを入れることにして、その高さに合わせて設計しました。



Nさん 食器用シェルフは使い慣れたものだったし、活かせるものは活用できればと考えました。造作のカウンターの下に収まっているので、ダイニングからは見えず、すっきりと暮らせています。食器、キッチンツール、洋服など物が多いこともあり、見せる収納と隠す収納はしっかり考えてメリハリをつけたいと思っていたので、物を収める場所はきちんと確保したかったんです。ウォークインクローゼットも、広めにスペースを取ってもらいました。予算を調整するために、飯田さんや勝又さんと一緒にさまざまな工夫を考えましたが、大事なこだわりはしっかり実現しているので、妥協したという感覚はありません。



——当初は想定していなかった「リノベーション」を経験されて、いかがでしたか?
 
Nさん 自分でリノベーションをすれば、とても暮らしやすく、まるごと満足できる家になるということを知りました。賃貸ではなかなか良い家が見つからず、とても苦労していたから、こんな方法があったのかと目から鱗です。家を買うのは大変なことだと考えていましたが、実際に体験してみるとそれほど重く考えなくてもいいのかなと。一生ものと考えると何も決められないので、将来的には賃貸や売却という選択肢もあるという前提で、気楽に考えてリノベーションに向き合えたのが良かったのだと思います。



——ご自身の体験から、リノベーションをスムーズに進めるコツなどを教えてください。
 
Nさん 直観やインスピレーションを大事にして、迷ったら聞いたり、周囲の人に助けてもらったりすること。心地よく暮らすためにリノベーションをするという目的を忘れないように、楽しんでやることも大切かなと思います。私の場合、下調べなども何もしていなかったのですが、分からないなりに、何が好きで何が嫌かなど、最初に自分の希望をできるだけ具体的にお伝えするようにしました。ちょっとしたキーワードなどもお伝えしておくことで、飯田さんや勝又さんをはじめとしたプロフェッショナルな方々が、かけらをていねいに拾い集め、上手くまとめてくれたと感じています。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 45.85㎡
  • 間取り: 1LDK
  • 既存建物竣工年: 1978年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関を入ると右手に寝室、左手にトイレ、洗面、ユニットバスが一体となった水まわりがある。バルコニー側はダイニングキッチンとリビングがあり既存の構造壁でゆるやかに分かれている。一角には大容量のウォークインクローゼットも。間取りとしては1LDKだが、構造壁でゆるやかに分かれたワンルームととらえることもできる空間となっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ
    「リノサポ」コンサルタント 飯田 勇人


    大学院デザイン工学部建築学科修了
    埼玉県熊谷市出身。2016年に株式会社リビタへ新卒で入社、リノサポコンサルタントへ。
    建築学科で培った知識と、リノベーションへの情熱、若さを活かした行動力で、お客様視点でのよりよい暮らしを提案し、実現します。