お宅拝見

壁式構造とメリハリのある空間<2/3>



物件を見学して購入を即決。
知識がなくてもリノベーションはできる


——玄関側には寝室がありますが、ドアをつけずにカーテンで仕切られています。このカーテンはNさんが調達したのですか?

Nさん そうです。バンブーカーテンというものなのですが、海外のカフェの間口でよく見かけて、いいなと思っていたので、WEBで探して購入しました。自分の生活スタイルを考えると、寝室のドアはなくても大丈夫そうだなと思ったので、思い切って付けないことにしたんです。各スペースは壁で区切られていますが、全体的にはゆるやかにつながっているワンルームのような感覚で暮らせています。



——ダイニングキッチン、リビング、寝室とそれぞれ居心地が異なりますが、全体のテイストにはまとまりがあります。仕上げはどのように決めていったのですか?
 
Nさん 好きなイメージの空間の写真を集めて、勝又さんと相談しました。白をベースに黒、グレーなどポイントで使って、木の雰囲気も少し入れたいという希望でした。色や素材のセレクトや組み合わせなどは、仕事でも馴染みがあり、好きなテイストもはっきりしていたので、スムーズに決められたと思います。木の分量が多すぎても少なすぎても違うなと思っていたのですが、キッチンカウンターの天板をフローリングと同じ木材にして調整するなど、トータルでバランスを整えていきました。



——ここからは、コンサルタントの飯田勇人さんにも入っていただき、どのようにリノベーションを進めて行ったのか、詳しくお伺いします。まずは、リノベーションをしようと思ったきっかけを教えてください。
 
Nさん 実はリノベーションをしたいと考えていたわけではなく、単純に引っ越しをしようと賃貸物件を探していたのですが、友人からリビタのことを聞いて、この物件を紹介してもらったのです。住宅を購入することは想定外だったのですが、物件を見学してみると、日当たりがよく、エリアも申し分なく、とても住みやすそうな環境だったので、即決してしまいました。リノベーションの知識もなかったので、最初は分からないことだらけでしたが、「リノサポ」のサービスで飯田さんにご担当いただき、ご紹介いただいた設計者の勝又さんも好きなテイストが似ていたので、信頼してお任せすることができました。



——リビタのコンサルタントが紹介する設計者は、どのように選ぶのですか?
 
飯田 Nさんのお好きなテイストに近い方を候補として考えることはもちろんですが、今回はNさんがリノベーションを予定していなかったこともあり、細かいことが決まっていなかったので、限られた時間の中で進めていくにあたって、相談がしやすく、ほどよく引っ張ってくれるタイプの方がいいと考え、勝又さんをご提案しました。
 
Nさん 何でも話しやすかったし、引っ張ってくれました(笑)。細かいところまで説明しなくても、分かってくれたのでやりやすかったです。
 
飯田 本当に相性が良く、打ち合せも盛り上がり、勝又さんの提案がNさんにピンポイントで刺さっているなと感じていました。また、Nさんのポジティブな姿勢と決断力の強さも、スムーズに進んだポイントです。リノベーションではほとんどの場合、予算調整が必要になり、今回もご希望通りというわけにはいかない部分もあったのですが、Nさんがスパッと決めてくださったので、より良い方向にまとまっていったなという印象がありました。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 45.85㎡
  • 間取り: 1LDK
  • 既存建物竣工年: 1978年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関を入ると右手に寝室、左手にトイレ、洗面、ユニットバスが一体となった水まわりがある。バルコニー側はダイニングキッチンとリビングがあり既存の構造壁でゆるやかに分かれている。一角には大容量のウォークインクローゼットも。間取りとしては1LDKだが、構造壁でゆるやかに分かれたワンルームととらえることもできる空間となっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ
    「リノサポ」コンサルタント 飯田 勇人


    大学院デザイン工学部建築学科修了
    埼玉県熊谷市出身。2016年に株式会社リビタへ新卒で入社、リノサポコンサルタントへ。
    建築学科で培った知識と、リノベーションへの情熱、若さを活かした行動力で、お客様視点でのよりよい暮らしを提案し、実現します。