お宅拝見

壁式構造とメリハリのある空間<1/3>

服飾関係の仕事をされているNさんは、賃貸で引っ越しを考えていたところ、友人の紹介で見学した中古マンションが気に入り、購入を即決してリノベーションをすることに。選んだのは築39年の壁式構造。撤去できない構造の壁がいくつかありましたが、むしろ壁を活かすことで、結果的に居心地が異なるメリハリのある家になったといいます。Nさんと、リビタの担当コンサルタントの飯田勇人さんに、たくさんの工夫が詰まった家づくりについてお話を聞きました。



壊せない壁をプラスに活かし、
メリハリのある居心地をつくる


——ダイニングキッチンとリビングの間に壁があり、2つの空間が全く異なる居心地ですね。
 
Nさん このマンションは壁式構造で、撤去できない構造の壁がありました。リノベーションといえばスケルトンにするイメージがあったので、どうしようかなと思いましたが、壊せない壁をプラスに活かし、ダイニングキッチンとリビングを使い分けることに。どちらをリビングにするか迷ったのですが、人が集まることが多いので広いほうをダイニングキッチンにしました。リビングは一人で過ごす場所だから、コンパクトでもいいかなと考えたのです。
 
——延べ床面積が45㎡強とコンパクトな物件ですが、キッチンには造作のカウンターもあり、余裕のあるつくりになっていると思います。
 
Nさん コンパクトでも空間にゆとりがあって、居心地のいい家にしたいという希望はありました。料理が好きで、友人たちが来た時もキッチンに立って話しながら作業ができるし、数人でキッチンに立てるので、広めにつくって正解でしたね。キッチンが広くて使い心地がいいから、普段の食事も、面倒でもちょっとつくろうかなという気持ちになります。



——キッチンカウンターから連なるように、キッチンと通路の間に壁があります。この壁は新設することをご希望されたのですか?
 
Nさん 食器をたくさん持っているので、キッチンを隠したいという希望があったのです。最初は壁ではなく、カウンターを高くして隠すという方向でした。圧迫感が出そうだなと感じて、設計担当の「キャンプサイト」勝又みづきさんと相談したところ、カウンターは一般的な高さにして、壁をつくろうというアイデアが出てきました。完成してみると、この壁がオブジェのようなアクセントになっていて、とても気に入っています。ただの壁ではなく、開口があり、上部が抜けているので、狭さを感じさせません。



——一方、リビングは真っ白な空間で、植物がたくさんあってリラックスした雰囲気ですね。
 
Nさん もともと床はダイニングと同じオークのフローリングだったのですが、入居後にDIYで白のフロアタイルを張りました。リビングは一人でリラックスしてくつろぐ場所。私の場合、無機質でクリーンな白っぽい雰囲気のほうが落ち着くように感じ、やってみたらとてもしっくりきました。壁式構造で壊せない壁があったことで、結果的にダイニングキッチンとリビングの居心地が異なり、オンオフの切り替えができるメリハリのある家になったと感じています。


間取り・プランを見る

  • 専有面積: 45.85㎡
  • 間取り: 1LDK
  • 既存建物竣工年: 1978年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関を入ると右手に寝室、左手にトイレ、洗面、ユニットバスが一体となった水まわりがある。バルコニー側はダイニングキッチンとリビングがあり既存の構造壁でゆるやかに分かれている。一角には大容量のウォークインクローゼットも。間取りとしては1LDKだが、構造壁でゆるやかに分かれたワンルームととらえることもできる空間となっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ
    「リノサポ」コンサルタント 飯田 勇人


    大学院デザイン工学部建築学科修了
    埼玉県熊谷市出身。2016年に株式会社リビタへ新卒で入社、リノサポコンサルタントへ。
    建築学科で培った知識と、リノベーションへの情熱、若さを活かした行動力で、お客様視点でのよりよい暮らしを提案し、実現します。