お宅拝見

いけばなの棚と小屋のような梁<3/3>



広くて使いやすいキッチンが、
新しい趣味の世界を広げる

 
——ご主人はトレッキングやランニングなど、いろいろな趣味をお持ちですが、最近はカレーづくりにはまっているとのこと。詳しく教えてください。
 
ご主人 この家に住むようになってから、キッチンが広くて使いやすいので、料理が楽しくて、よくキッチンに立つようになりました。リビングと一体になっているから、会話をしながらテレビを見ながら料理ができて楽しい。カレーをつくる時はスープだけでも4時間煮込むので、他のことをしながら鍋に目が届くのはいいですね。最初は趣味でつくっていたカレーですが、好きが高じて、最近では休日に知人の店で間借りカレー店を始めるまでに。この家に引っ越してきたことで世界が広がりました。一方で、鍋やスパイスが増えて、収納が足りなくなってしまったので、棚を増やしたいなとも思っています(笑)。
 
奥さま 以前からキッチンには2人で立つことが多かったので、広めにつくりたいと思っていたのです。水まわりの設備や仕上げは、使い勝手やメンテナンス優先で、ステンレスのシステムキッチンをセレクト。床もフロアタイルにしてもらいました。
 


——Kさんご夫妻は、物件探しからリノベーションまでワンストップでリビタのリノサポで家づくりをされましたが、この物件はどのように探し、決定したのですか?
 
奥さま 以前の生活圏に近く緑が豊かな三鷹エリアに絞り、物件を探していました。テレビのニュースで見た中古リノベーションに興味をもち、リビタのWEBサイトを見つけて会員登録。新着の物件情報などをチェックしながら、のんびり探そうと思っていたのです。そんな中で紹介してもらったこの物件は、井の頭公園にも近く、敷地もゆったりしていて、周囲に高い建物がないので晴れた日には窓から富士山も見えます。本質的な環境の気持ちよさを感じました。三鷹エリアは売り出される物件数がそれほど多くないため、ほとんど即決しました。
 
ご主人 天井が高いところも気持ちがいいなと思いました。梁のアイデアや、既存の床にフローリングを張ることも、天井の高さがある物件だからスムーズに採用できたと思います。駅までは徒歩14分ほど。少し距離がありますが、慣れてしまえば歩くのにちょうどよく、バスも便利に使えます。都心にも近く、よく行く高尾山にも近く、私たちのライフスタイルに合った住みやすい場所です。
 


——リノサポのサービスを利用してみていかがでしたか?
 
奥さま 物件探しからのスタートでしたが、何もかも初めての経験で、わからないことが多いなか、一般的な不動産会社のイメージとは違い、住み手に近い立場からアドバイスをいただけました。設計の打ち合せを進めていく時も、どこまで希望を出していいかわからなかったのですが、「最初にやりたいことを全部洗い出したほうがいい」とコンサルタントの与那覇さんからアドバイスをもらい、後悔がない家づくりができました。予算を調整するのは大変でしたが、悩みながらもじっくり自分たちがつくりたい家に向き合い、楽しい時間を共有できたと感じています。
 
文:村田保子/撮影:古末拓也
取材・撮影:2018年9月
 
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 57.91㎡
  • 間取り: 1LDK
  • 既存建物竣工年: 1998年
  • リノベーション竣工年: 2016年

玄関を入るとすぐ左手に寝室。既存を活かした下足棚、収納がある廊下沿いの右手に水まわりがある。ドアの向こうはLDKで、一角にデスクを備えた作業スペース、ウォークインクローゼットがある。ウォークインクローゼットは壁の上部が抜けており、梁が連続しているため圧迫感が抑えられている。キッチンから水まわりへのアクセスも可能。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 与那覇侑哉


    宅地建物取引士/インテリアコーディネーター/カラーコーディネーター 建材メーカーに入社後、商品の開発に携わる。その後、リノベーションの設計・施工管理会社を経て、2013年よりリノサポコンサルタントへ。 「理想の暮らし」や「将来の自分に合う暮らし」をお客様一人ひとりと向き合いながらヒアリング。要望を聞くだけでなく、お客様に最適な暮らしをご提案いたします。自身のリノベーション経験も交えながら、お客様が楽しく納得して進めていけるコンサルティングを心掛けています。