お宅拝見

新旧の融合と住み開き<1/3>

9歳と5歳の兄弟とご夫婦とで暮らすKさんご家族。経年した味わいが気に入り、築50年の木造2階建ての一軒家をリノベーションすることにしました。吹き抜けや室内窓など、建築時のこだわりが感じられる個性的な空間を活かしながら、新旧を融合したオリジナリティあふれる住まいが完成。平日の日中は、奥さまが営むアロマ・カラーセラピーのサロンにもなり、デッキをご近所さんの交流拠点として開いていくことも考えているといいます。



古家付き土地として壊す前提の
築50年の建物をリノベーション

 
——Kさんご夫妻は、築50年の一軒家をリノベーションしていますが、既存の家の雰囲気もほどよく残っていますね。
 
ご主人 この物件は古家付きの土地として販売されていて、建物は壊される前提で、土地だけの価格が付けられていました。戸建てリノベーションを検討し、物件を探している時に見つけたものですが、写真を見て雰囲気がよさそうだったので、気になって見学にきたんです。外壁が杉板張りで、庭の植栽も豊かに育ち、長い年月を積み重ねた味わいがあるなと感じました。造りもいいし、大きな吹き抜けや室内窓があり、とても個性的で面白い空間でもありました。経年するごとに風合いを増していくような家をつくりたかったので、この家なら古いものと新しいものを融合させたリノベーションで、理想的な空間がつくれるのではと思ったのです。



 
——建物の状態はどんな感じだったのですか?
 
ご主人 外観はなかなか雰囲気があったのですが、家の中は予想以上に老朽化していました。でも、建売や量産型の家をリノベーションするよりも、面白いものになるだろうという予感はあった。また、リノベーションすれば中はどのようにでもできることもわかっていたので、問題は感じませんでした。最初に見学した時に、2階の間取りはそのまま活かせるのではと、ある程度イメージもわいてきていましたね。ただ、戸建てリノベは壁や床に隠れている構造がどのくらいダメージがあるかなどが見えないので、リノベーションの予算は多めに設定する必要はありました。耐震性や断熱性も現在の規準に合わせてしっかり改修したので、今後も長く安心して住める家になったと思います。
 
——最初にイメージした通り、2階の間取りはほとんど既存のままで、羽目板の壁や室内窓なども活かしているのですね。



 
ご主人 2階は羽目板を白く塗り、床や室内の壁の仕上げを新しくした程度です。階段も活かし、手すりだけ新しくしました。天井は既存を撤去し、小屋裏を現しにしています。小さな個室があったのですが、ドアを撤去し、カーテンで仕切りウォークインクローゼットにしました。階段ホールの余白にはワークスペースも設けました。コンパクトな空間ですが、大きな吹き抜けをそのまま活かしているので、開放感があります。
 




 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 76.63㎡㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1969年
  • リノベーション竣工年: 2017年

1階はワンルーム状のLDKと水まわり。玄関を開けると土間のダイニングキッチンがあり、一段上がった足場板の床のリビングが広がる。リビングの天井は吹き抜けで2階とつながっている。2階は既存の間取りを活かした、寝室と子ども室がある。小さな個室はウォークインクローゼットとして活用。階段ホールの余白にワークスペースも設けている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 鈴木芽久美


    宅地建物取引士/既存住宅アドバイザー/省エネ建築診断士

    2011年に株式会社リビタへ新卒で入社。同社が企画・運営を行うシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」の管理運営を経験後、リノサポコンサルタントへ。
    現在は主に戸建てリノベーションを担当しておりますが、マンションのリノベーション経験も豊富です。また、DIYなど「自ら手を入れる暮らし」の提案も、手描きのスケッチやプランを使いながら、お客様へわかりやすい説明をいたします。