お宅拝見

猫との暮らしとストレスフリーの回遊動線<3/3>

  • 所在地: 東京都渋谷区
  • 居住者構成: シングル+猫4匹
  • 専有面積: 117.06㎡
  • 間取り: 2LDK


都心なのに森のような環境に建つ、
ヴィンテージマンションの豊かさ


——Tさんがリノベーションをした物件は、都内屈指のヴィンテージマンションといわれる「広尾ガーデンヒルズ」ですが、選んだ理由を教えてください。
 
Tさん 間取りと広さはもちろんですが、高級感のあるしっかりとした建物の造り、ゆったりとした敷地、利便性の高い立地などは、他にはない特別な魅力だと感じました。数年かけてリノベーションをするための物件を探し、この物件に出会うまで50軒以上見学しましたが、十分な面積を求めると、理想的な物件はありませんでしたね。予算的には想定より少しオーバーしていたのですが、この物件ならそれだけの価値があると判断しました。



——以前住んでいたのは、どのような家だったのですか?
 
Tさん 15年程前に新築で購入した分譲マンションで、そこも70㎡弱あったのですが、今の自分に合っていないような気がして、窮屈さを感じていました。前述の通り、猫が増えたこともあり、より広い家に住みたいと思うようになって、リノベーションを考えるようになったのです。
 
——新築への住み替えではなく、中古をリノベーションしようと思ったのはなぜですか?
 
Tさん 新築も検討しましたが、以前の家もとても造りが良く気に入っていたので、同じくらいの予算感で比較するとあまりピンとこなかったんです。15年前とは時代が変わっているように思います。一方で、東京には素敵な中古マンションがたくさんあることを知りました。良い時代に建てられたマンションをきちんとリノベーションすれば、さらに満足できる住環境が得られるのではないかと思ったんです。方向性が決まってからは、ヴィンテージマンションに絞って探しました。数あるヴィンテージマンションの中で、「広尾ガーデンヒルズ」は自然の豊かさも兼ね備えている希有な物件。長い年月を経て育ったケヤキ並木が続き、森のような敷地に建物がゆったりと建っている環境の良さは、都内随一だと思います。広尾駅すぐの都心の真ん中なのに、朝は鳥の鳴き声で目覚める日々です。



——リビタのリノサポのサービスを利用してみていかがでしたか?
 
Tさん リビタは「広尾ガーデンヒルズ」でいくつものリノベーション実績があったので、信頼感をもってお任せできると感じていました。「広尾ガーデンヒルズ」は管理もしっかりしていて、住人の意識がとても高く、リノベーションのルールや条件なども細かく設定されています。それが物件の価値を守ることにつながっているのですが、設計や施工には細やかな配慮が必要。コンサルタントの山田さんがしっかり管理し、スムーズに進めてくれたので心強かったです。また、住宅ローンの手続き、全体予算のコントロールなども、親身になって相談に乗ってくれて、手際よくサポートしてくれました。すべてにおいて安心して楽しんで、リノベーションをすることができたと感じています。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 117.06㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1984年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関から左右に分かれた振り分けタイプ。南側に50㎡前後のオープンなLDKがある。北側は寝室、ウォークインクローゼット、洗面室が平行に並ぶ。すべて動線を兼ねており、生活の動きに合わせて何通りにも回遊できる。玄関から続く通路に沿って納戸と書斎もある。真ん中にあるウォークインクローゼットには、廊下側と寝室側の2カ所に窓を設け、居室のような雰囲気に。猫たちもお気に入りの場所で、Tさんにとっても、たびたび猫とくつろぐ居場所になっている。
 

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 山田笑子


    一級建築士/二級建築士 建築設計事務所を経て、2015年よりリノサポコンサルタントへ。 設計事務所での経験を活かした、“お客様の要望+アルファ”のプラン提案が得意です。ライフワークは「ねこ」。ねこと暮らす家の実績もございます。また、保護ねこ団体さんでのボランティアも行っています。