お宅拝見

こもりベンチと未完成の楽しみ<1/3>

6歳と3歳の男の子を育てるNさんご夫妻は、2001年に竣工した築浅マンションを購入。限られたリノベーションの予算のなかで、活かせるところは活かしながら、家族がメインで過ごすLDKに予算を集中させ、やりたいことを諦めないリノベーションを完成させました。家を建てることが子どもの頃からの夢だったという奥さまと、リビタの担当コンサルタントの与那覇侑哉さんにお話を聞きました。



既存を上手く活かしながら、
家族が集うLDKに予算を集中


——築16年の築浅のマンションをリノベーションされ、既存を上手く活かしながらも、メインのLDKはしっかりつくり込まれているのですね。小上がりのベンチがとても印象的な空間です。
 
奥さま ここは「こもりベンチ」と呼んでいます。ベンチのように寛ぐことはもちろん、子どもがお絵描きをしたり、ステージのように登って遊んだり、多目的に使える場所です。扉の奥と小上がりの下は収納で、子どものおもちゃや予備の布団などをしまう場所として使っています。



——居場所とともに収納にもなっているんですね。空間のアクセントとしても効いていると思います。
 
奥さま 実は、主人が目的のない場所をつくることに反対だったので、収納の機能を加えることで、意味のある場所にしてしまおうと考え出されたアイデアです。結果的に収納量が増え、リビングに他の収納家具を置かなくてもよくなりました。壁と天井は真っ白に塗装するのが希望だったのですが、壁を飾ったりするのは苦手で、何かアクセントが欲しいという希望もありました。木造の家のような梁と柱を模したディテールとともに、木のテイストがデザイン的にも効いていると感じています。今回はリノベーションにかけられる予算が限られていたので、LDKに予算を集中させました。残りの個室は既存を流用し、壁や床などの仕上げを新しくした程度。間取りも大部分が既存を活かしているので、どこかにリノベーションならではのオリジナルな工夫を盛り込みたかったのです。「こもりベンチ」がその願いをかなえてくれました。
 
——モルタル天板のオープンなキッチンも、とても広々としていておしゃれで使いやすそうですね。



奥さま 子どもたちがお手伝いをしたがるので、一緒に料理ができるように、広くてオープンなキッチンにしたいと思っていました。モルタルの天板、大判の磁器質タイル、グレーの塗装は、海外のキッチンなどを中心に好きなテイストの空間の写真を集めて、設計者さんと相談しながらイメージを固めていきました。壁は真っ白にしたかったのですが、一面だけ色を使いたいとお伝えしたところ、タイルの色と合わせたグリーングレーで梁の木部のところまで塗装するという仕上がりに。絶妙なバランスでさすがだなと思いました。あと、飾り棚や見せる収納は苦手なので、食器やキッチンツール、家電なども全て隠せるように、パントリーや収納をしっかりつくってもらえたのもよかったです。




 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 78.94㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 2001年
  • リノベーション竣工年: 2017年

玄関を入ると既存を活かした2つの個室がある。広めの個室が家族の寝室で、もう一つの個室を納戸として使っているが、将来はどちらかを2つにわけて、子ども部屋にする予定だ。水まわりは既存の間取りを踏襲し、設備と仕上げを新しくした。独立型のキッチンがあった空間に、ご主人の書斎とパントリーを設け、キッチンはリビングダイニングと一体型の対面式として、開放的でオープンなLDKに。LDKには収納を兼ねた「こもりベンチ」と既存を活かしたサンルームもある。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 与那覇侑哉


    宅地建物取引士/インテリアコーディネーター/カラーコーディネーター 建材メーカーに入社後、商品の開発に携わる。その後、リノベーションの設計・施工管理会社を経て、2013年よりリノサポコンサルタントへ。 「理想の暮らし」や「将来の自分に合う暮らし」をお客様一人ひとりと向き合いながらヒアリング。要望を聞くだけでなく、お客様に最適な暮らしをご提案いたします。自身のリノベーション経験も交えながら、お客様が楽しく納得して進めていけるコンサルティングを心掛けています。