お宅拝見

コの字の壁と土間と植物との暮らし<1/3>

「たくさんの植物と暮らしたい」という希望を叶えるため、南向きで広いバルコニーのある物件を選んだAさんご夫妻。築10年の築浅物件を選び、リノベーションをしました。ワンルームにコの字の間仕切り壁を配したミニマムでシンプルなプランに、3辺を土間で囲んだり、天井にハンガーパイプをつくり付けたりといった、植物を楽しむための工夫が光ります。そんなAさんご夫妻の家づくりについてお聞きしました。



最低限の間仕切りで暮らす。
20代のリノベーション


——ワンルームの空間に、コの字の壁で仕切った寝室があるのみ。とてもシンプルで思い切ったプランですね。このプランはどのように決めていったのですか?
 

ご主人 夫婦ともにまだ20代で、これから家族が増えたり、ライフスタイルが変わったりしていくことを考え、部屋の目的をきっちり決めないで、最小限の間仕切りでまずは暮らしてみたいと思いました。寝室だけは個室にするという案もあったのですが、全体をゆるやかにつないで、オープンにしたほうが普段は広さを感じられるので、閉じなくて良かったと感じています。これも、間取りを自由にできるリノベーションならではの暮らし方ですね。
 
——コの字の壁には2カ所に窓が設けられていますね。この窓でさらに全体がつながっているような印象になっていると感じます。



奥さま 窓は半透明のポリカーボネートです。リビング側はフィックスにして、視線は通さず光を通すようにしています。キッチン側は開閉できるようにして、開ければ視線や空気も抜けるように。キッチンに立った時に、目の前が壁だと圧迫感がありそうだったので、開放感が出るようにしたいと思い、この窓をリクエストしました。
 
——この家のもう一つの大きな特徴が、3辺をぐるりと囲んだ土間です。その土間に沿うように鉄製のハンガーパイプが連なっています。このアイデアはどこから出てきたのですか?



ご主人
 コンクリート打ち放しの質感が好きで、玄関のある北側に広めの土間をつくりたいと思っていたところ、設計を担当してくれたアラキササキアーキテクツさんが「せっかくだからぐるりと囲みましょう」と提案してくれたのです。日本家屋の内外の中間のような土間空間が好きだったので、それが再現できたようで気に入っています。
 
奥さま 「植物をたくさん育てたい」と強く希望していました。土間とハンガーパイプによって、植物のための空間がたっぷりできたことは、嬉しかったです。ハンガーパイプは植物を引っかけて育てることはもちろん、洋服を収納するスペースにもなっています。部屋干しもできるし、ドライフラワーをつくる時も便利。なんでもサッと掛けられてとても使いやすいです。



ご主人 ハンガーパイプは、断熱材などが入っていて天井が低くなっているところを上手く活用して、配置されています。僕たちが出したちょっとした希望から、アイデアをどんどん膨らませ、この物件だからできるプランを提案してくれたアラキササキアーキテクツさんは、さすがプロだなと思いました。
 
奥さま ハンガーパイプの下に、低めの棚を提案してくれたのも嬉しかったです。私は背が低く、高い棚は届かないから。キッチンもこだわったポイントなのですが、吊り戸棚はつくらず、すっきりと開放的な空間になっています。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 75.45㎡
  • 間取り: ワンルーム
  • 既存建物竣工年: 2009年
  • リノベーション竣工年: 2018年

75㎡強のワンルーム。3方向に窓があり、3辺が土間で囲まれている。南側には広々としたバルコニーがあり、ご夫妻は好きな植物を育てる場所として活用。中央にコの字の間仕切り壁を配し、ベッドルームとして使用している。ベッドルームの正面にオープンなキッチン。玄関側にトイレ、洗面室、浴室がある。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ
    「リノサポ」コンサルタント 飯田 勇人


    大学院デザイン工学部建築学科修了
    埼玉県熊谷市出身。2016年に株式会社リビタへ新卒で入社、リノサポコンサルタントへ。
    建築学科で培った知識と、リノベーションへの情熱、若さを活かした行動力で、お客様視点でのよりよい暮らしを提案し、実現します。