お宅拝見

光降り注ぐ空間と森の別荘のような居心地<1/3>

Wさんご家族が現在お住まいの「井の頭の家」は、HOWS Renovationでリノベーション済みの戸建てとして販売されていた物件。当初は都心のマンションの購入を検討していたというWさんご夫妻は、たまたまこの物件と出会い、一目で気に入って即決しました。入居前に仕上げを中心に+αのリノベーションも実現。シンプルな箱であるHOWS Renovationの家を、自分たちらしく住みこなしています。ご夫妻に家との出会いやリノベーションについてお聞きしました。



シンプルな箱に手を加え、
自分たち好みの空間に育てる


——「井の頭の家」は、どんなところが気に入って、購入を決めたのですか?

ご主人 初めて空間に足を踏み入れた時の開放感ですね。大きな吹き抜けと階段のトップライトは印象的でした。また、1階は個室がありますが、扉は透明感のあるガラスの引戸で全体がつながっているのもいいなと思いました。子ども達が成長期になり、子ども部屋を用意できる広めの物件に引っ越したいと考えたことが、物件探しの動機でもあったのです。3つの個室が用意された間取りは、私たち家族にぴったりでした。



奥さま 井の頭公園から続く緑道に面してバルコニーがあり、さわやかな風が流れる別荘のような居心地の良さが決め手でした。トップライトから降り注ぐ太陽の光に恵まれ、視線の先には豊かな緑が目に入ります。吉祥寺駅から徒歩10数分という便利な立地で、自然の中で暮らすことを叶えられる環境に惹かれました。
 
——HOWS Renovationの物件は、シンプルでつくり込まれていないことも特徴の一つです。Wさんご家族は入居前に、好みの空間に近づけるために、手を加えられたそうですね
 
ご主人 空間はとてもシンプルで、壁・天井などは合板をあらわにした状態でした。暮らすために必要な箱を、住み手が自由に育てていけるというHOWS Renovationのコンセプトも面白いなと感じたポイント。それならばと、プロにスタイリングを依頼し、多様なシーンを加えていくことにしました。目指したのは、モダンでラグジュアリー感のある別荘と住居の中間の居心地です。



奥さま 間取りはほとんど変更していませんが、1階のアトリエは主人の書斎を設けるために、間仕切り壁を新たに立ち上げ、英国の「ピュア・モリス」の壁紙を張りました。階段を上がったところにある2階のインナーテラスにも同じ壁紙をセレクト。ここは「モリスの部屋」と呼んでいます(笑)。この壁紙はクラシックな植物柄。緑に囲まれた周辺環境を意識して選びました。2階のLDKの壁の一面には、外壁用のレンガを張っています。重厚感があり、モダンな印象が加わりました。


淡い色が空間に調和する、ピュア・モリスの壁紙(写真左側の壁面)


上記のbefore写真。購入時は合板現しの、シンプルな姿だった


ご主人 1階の玄関とシュークローゼットは、無機質なコンクリートのシーンに変化を加えたいと思い、天井にはスポットライトを増設し、ヴィンテージの家具を置き、サックスブルーのカーテンで明るさと軽やかさを出しました。これから絵を飾ったりしていきたいですね。自分たちで考えながら、丁寧につくり上げていくことで、より愛着のある空間になりました。入居までのスケジュールに余裕があったので、じっくり時間をかけて納得のいくものを吟味し、少しずつつくっていく楽しみも味わうことができました。




間取り・プランを見る

  • 専有面積: 147.31㎡
  • 間取り: 3LDK+アトリエ+ロフト
  • 既存建物竣工年: 1984年
  • リノベーション竣工年: 2015年

玄関の奥行きのある土間を進むと、トップライトのある吹き抜けの階段室を囲むように、3つの個室が配置されている。階段室の奥には庭に面した三角形のサンルーム、一角には新設した壁で仕切った書斎もある。2階はL字に空間が連なるワンルームのLDK。階段を上がったところは、インナーテラスと呼んでいる光が降り注ぐ空間。洗面室はもう一つの個室として使えるほどの広さがある。

PROJECT MEMBER