お宅拝見

ヘリンボーン張りのワンルームと格子戸の寝室<2/3>



リノベを経て、DIYや家具のカスタムも。
継続する家づくりが趣味の一つに

 
—ワンルームの空間全体に広がる、ヘリンボーン張りの床も印象的です。仕上げの素材などは、どのように決めていったのですか?
 
菅野さん WEBなどで好みのインテリアの写真を集めて、設計者さんと相談しながら、ヘリンボーン張りの床や黒い格子戸、キッチンの框戸、真鍮の把手など、理想のイメージを絞り込んでいきました。まず、床をオーク材のヘリンボーン張りにすることに決めて、壁の色などはペンキの色見本を並べて、床に合いそうなグレイッシュトーンを選びました。ダイニング側の壁は、一面だけ濃いグレーに。撮影用の背景としても役立っています。全体的に上品でクラシカルな雰囲気のインテリアに仕上がり、とても満足しています。
 
—家具の雰囲気もクラシカルな空間に合ったものが選ばれていますね。
 

菅野さん アンティークショップなどで、イメージに合うものを探して、少しずつ揃えているところで、リビングのソファはつい先日、届いたばかりです。ヴィンテージ製品のフレームに革やスタッズをあしらうなどして、カスタムしてもらいました。
 

ヘリンボーン張りの床とスタイルのあるソファとの調和が美しいリビング。ベッドルームを仕切る格子戸を閉じると、雰囲気がガラリと変化。
 
—リビング側の棚はリンゴ箱を重ねたものですか? 
 

菅野さん イメージ通りの棚がみつかっていないので、とりあえずリンゴ箱を使っていますが、意外と馴染んでいるし使いやすくて気に入っています。ダイニングのチェアを塗装するなどのDIYにもチャレンジしているんです。壁に飾ってあるアートパネルやコラージュなども自作しました。
 

 




—作家さんの作品かと思いました。DIYは過去にも経験があったのでしょうか?
 

菅野さん この家に住むまでは苦手意識があって、やったことはありませんでした。もともとインテリアは大好きだったのですが、以前の家は賃貸で面積も限られていたので、好きな家具を選ぶことにも限界がありました。この家に住み始めて、ずっとやりたかったことが叶って、今では家づくりが私の趣味の一つになっています。リノベーションを経験し、好きな家具を一つひとつ吟味して揃えていくうちに、やりたいことやアイデアなども出てくるようになりました。広めのバルコニーがあるので、DIYのちょうど良い作業スペースになっています。
 
—今後さらに手を加えたいところはありますか?
 
菅野さん もう少し壁を飾ったり、小物や家具など足りないものを加えていきたいですね。バルコニーに屋外用のテーブルやチェアを置いて、グリーンを飾って、お茶を飲んだりしてくつろぐ場所にしていきたいとも思っています。リノベーションをした時には決められなかったのですが、壁にもう少し色があってもいいかなとも感じていて、将来的にどこかの面をアクセント的に塗装するかもしれません。今は、家は住みながら変えていってもいいと実感しています。時間が経過すれば飽きることもありますから、その時は気分に合わせて手を入れていくことを楽しみたいと思います。
 
 

 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 76.87㎡
  • 間取り: ワンルーム
  • 既存建物竣工年: 2002年
  • リノベーション竣工年: 2017年

LDKとベッドスペースが一体となったワンルーム。アイランド型のキッチンの正面に、透明アクリルとアルミフレームの格子戸が設けられており、ベッドスペースを寝室として仕切ることもできる。ドアがあるのはトイレと浴室のみで、洗面室はLDKと水まわりをつなぐ動線上にあり、回遊性のあるプランとなっている。
 

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント ​森本寛之


    宅地建物取引士/二級建築士

    新築住宅を専門とする設計事務所、商業コンサルティング会社、デベロッパーを経験ののち、2008年に株式会社リビタへ入社。リノサポコンサルタントへ。
    「不動産」と「建築」。2つの職能・領域を横断しながら、お客様に最適な選択を提案いたします。都心で希少な100㎡を超える邸宅マンションを紹介するサービス「R100 TOKYO」も担当しております。