お宅拝見

吹き抜けの寝室と1.5階の博物館<1/3>

HOWS Renovationで販売されていた「石神井台の家」との出会いを、一期一会と考えて、購入を決めたというHさんご家族。2階建てだけど、1.5階の中間層をもち、家全体が立体的にワンルームのようにつながるこの家の動線や使い勝手の良さに惹かれたと話します。用途を限定せず、住み手が自由に使い方を決めていける空間を、自分たちの暮らしに合わせ、オリジナリティいっぱいに楽しまれている様子をお伝えします。



住まい方は自由自在。
使い方を限定しないオープンなフリースペース


——「石神井台の家」はどんなところが気に入って、購入を決められたのですか?

奥さま 玄関が広くて、入ってすぐのところにキッチンがあって、キッチンの背面は水まわり。暮らしやすそうな動線だなと思いました。1階にLDKがある家がよかったのです。以前、2階建ての一戸建てに住んでいたのですが、リビングが2階で、買ってきた食材を運ぶのが重くて、使い勝手が良くなかったため、家事効率のよさそうな動線には惹かれました。



ご主人 壁や床にいろいろな木が使われていて、やさしい感じがする空間だなというのが第一印象でした。すべて木の色ではなく、壁に使われている木目が印象的な合板は、白く塗装されてやわらかい雰囲気だし、天井や一部の壁の白い部分もバランスよく設けられ、お互いを活かしあっていると感じました。床も全部同じではなく、ヘリンボーン貼りのフロアがあったりして、メリハリがありますね。仕上げのデザインの印象で、この家に住みたいと思いました。



——1階がLDK、1.5階の中間階があって、2階にも広々としたオープンスペース。家のほとんどが吹き抜けのワンルームのように、立体的につながっていることが特徴です。Hさんご家族は、2階のオープンスペースを寝室として使っているのですね。意外な使い方だと思います。

奥さま どの空間も、使い方が限定されていないフリースペースのような印象でした。2階のオープンスペースは、セカンドリビングや書斎などの使い方も考えられますが、寝室にすれば毎日活用できる空間になるのではと思ったのです。個室を寝室にしてしまうと、寝るだけの部屋になってしまいますが、この場所なら、いつも通りますから生きた空間になります。



ご主人 寝室にするにはオープンすぎるかなと思ったのですが、ベッドを置いてみると、朝は自然の光で目が覚めて、とても気持ちがいいです。
 
奥さま 2階の手すりは雨の時などに、部屋干しをするスペースとしても便利です。窓際にもちょっとしたスペースがあるのですが、ここにはアイロン台を置いています。2階のオープンスペースは、寝室であると同時に、家事室のような感じで活用できていると思います。

——1階のLDKにも、床が一段下がったスペースがありますね。

ご主人 ここは天井が低いので居心地がまた違います。落ち着いたこもり感のある空間ですね。クッションを置いて、寝転んで本を読んだり、くつろぐ場所として使っています。



奥さま 現在も部屋の用途を決め切っているわけではなく、必要なら将来的に仕切ったりすることもできそうだなと感じています。今後も暮らしながらライフスタイルに合わせて、柔軟に使い方を変えていきたいですね。
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 131.24㎡
  • 間取り: 4LDK
  • 既存建物竣工年: 1981年
  • リノベーション竣工年: 2016年

広い玄関の脇にはアウトドア用品などを収納できる約2.5帖のストレイジを完備。1階に水まわりと約19.5帖の広々としたLDKを配置し、連続する空間として、一段下がった約6帖のフリースペースを設けている。1.5階の約4.7帖の中間階は飾り棚などがあり、上下階とのつながりも感じられる。2階は吹き抜けでつながる約13帖のオープンな寝室、約8帖の2つの個室がある。

PROJECT MEMBER