お宅拝見

こだわりの庭と、洋館風戸建てリノベ<1/3>

ご主人はランドスケープの設計者、奥さまがガーデンデザイナーというNさんご夫妻は、4歳の男の子と1歳の女の子と暮らす4人家族。長女の誕生をきっかけに、手狭に感じていた賃貸からの住み替えを決め、家族がのびのび過ごせる新居を求め、HOWS Renovation Baseとして販売していた戸建てにめぐりあいました。見た目より住みやすさを重視したリノベーションやこだわりの庭、お子さまとともに今後ゆっくり楽しんでいく予定だという家づくりについてお聞きしました。



快適に暮らすためのリノベを優先。
将来は子どもと壁にペンキを塗りたい


——Nさんご夫妻は、築20年の一戸建てを購入され、主に快適に暮らすための住宅性能に関わるリノベーションを施されました。手を加えたところを教えてください。

ご主人 間取りは1階のリビングと和室の間にあった壁を取り払い、引戸を新設しました。普段は引戸を開けておけばワンルームのように開放的に使えます。壁や天井には断熱材を入れ、ほとんどの窓もペアガラスに交換しました。前に住んでいた家が夏の暑さと冬の冷え込みが厳しかったので、断熱性能はきちんと整えたいと思っていたのです。夏はとても涼しく冷房もよく効きます。中間期は冷暖房なしで、過ごしやすい空間になりました。家族が健康でのびのびと暮らせてほっとできる家であることを大切にしたかったのです。



——仕上げはどのあたりを変更していますか?
 
奥さま 床は既存のままですが、壁と天井のクロスは新しくしました。2階は珪藻土クロス、1階は卵殻やコルクを原料にしたクロスを使っています。小さな子どもがいるので、健康に配慮して安心して暮らせる空間にできればという思いでセレクトしたものです。さらに、リビングの一角にはワークデスクと本棚をつくってもらいました。あとはシステムキッチンを新設したくらいですね。



——間取りや仕上げは、あえて大きく変更しなかったのでしょうか?
 

ご主人 表面的な意匠の部分は後からいつでもリノベーションできると感じていますが、断熱材などは最初にやっておいたほうがいいと思いました。まだ子どもが小さいので、これから傷がついたり、汚れたりすることも多いと思います。床など今の時点ではリノベーションせずにもっと使い込んで、子どもがある程度大きくなってから、無垢材に変えることを考えたいと思っています。自分たちで暮らしながら手を加えていける余白がたくさんあるので、子どもたちの成長に合わせて少しずつリノベーションしていければと思っています。
 
奥さま 将来は2階の個室を子ども部屋にするつもりなので、子どもたちと一緒に壁にペンキを塗ったりできるといいですね。クロスも上からペンキを塗れるものを選びました。
 
ご主人 もう一つの理由として、既存の状態がとてもよく、間取りも仕上げも気に入っていたので、残したいという気持ちもありました。以前お住まいだった方が非常に大切に住まわれていて、家に対する深い愛情を感じました。私たちも同じように大切に住み継いでいきたいと思っています。
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 119.24㎡
  • 間取り: 4LDK
  • 既存建物竣工年: 1996年
  • リノベーション竣工年: 2016年

1階の玄関ホールは開放的な吹き抜け。リビングダイニングと和室は引戸で仕切り、広く使うこともできる。半個室のキッチンから洗面、浴室を抜けて玄関ホールへとつながる。玄関ホールの階段から2階へ行くと、主寝室と個室が2つある。将来は個室を子ども室としてリノベーションする予定だ。主寝室から続くウォークインクローゼットもある。
 

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 鈴木芽久美


    宅地建物取引士/既存住宅アドバイザー/省エネ建築診断士

    2011年に株式会社リビタへ新卒で入社。同社が企画・運営を行うシェア型賃貸住宅「シェアプレイス」の管理運営を経験後、リノサポコンサルタントへ。
    現在は主に戸建てリノベーションを担当しておりますが、マンションのリノベーション経験も豊富です。また、DIYなど「自ら手を入れる暮らし」の提案も、手描きのスケッチやプランを使いながら、お客様へわかりやすい説明をいたします。