お宅拝見

家族の小上がりと朝型生活<1/3>

吉祥寺駅から徒歩18分ほどの立地に、ケヤキ並木を見渡す築45年の中古マンションを購入し、リノベーションしたKさんご夫婦。4歳の娘さんの子育ての場として、安心して長く暮らせることを重視し、物件と環境を選んだ。家族がいつも一緒に過ごす、畳の小上がりがあるLDKを中心とした家づくりについてお聞きしました。



欲しい機能を全部詰め込んで
きれいに収めた効率的な間取り
 


——広いLDKの中心にはオープンなキッチン、そして畳の小上がり。将来の子ども室やワークスペースなどの空間のゾーニングはされていますが、扉などはなく、家全体が一つにつながっていますね。

 
奥さま:キッチンを真ん中に配置して、暮らしの中心となる場所にすることを希望していました。最初は全部オープンにしたかったのですが、油はねなどのメンテナンスのことも配慮し、コンロの前には壁をつくってもらい、キッチン側はタイルを張っています。コンロ側には調味料などを収納できるニッチもつくっていただき、とても使いやすくて気に入っています。 






ご主人:畳のスペースも欲しいとリクエストをしました。それから朝は太陽の光を浴びて起きたいとも。さらに、妻が資格取得のための勉強をしているので、集中できるワークスペースも欲しいと、いろいろな希望があったんです。60㎡強の空間にそれを全部詰め込まないといけないので、設計は大変だったと思うのですが、一つも諦めることなく、きれいに効率的に収めていただきました。
 
 
——寝室は設けず、畳の小上がりに布団を敷いて、ご家族で就寝されているのですね。 




ご主人: そうです。朝起きて布団をしまえば、スペースを有効活用できますから、そのほうがいいなと思いました。寝室を個室にすると、かなりのスペースが寝るためだけしか使えなくなるので、もったいないなと感じます。この畳のスペースはリビングの一部として子どもと遊んだり、寝転がったりできて、我が家ではものすごく活用している場所です。
 
奥さま:小上がりの下は収納になっています。キッチンの背面も棚にも大容量の収納があって、使いやすいところも便利なんですよ。
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 60.82㎡
  • 間取り: 1SLDK
  • 既存建物竣工年: 1972年
  • リノベーション竣工年: 2015年

玄関に入ると左手にワークスペース。その先の右手に子ども室がある。それぞれ扉などは設けず、全体が連続するオープンな造りとなっている。通路に沿ってウォークインクローゼットと水まわりを配置。唯一の引戸の先はLDKへとつながる。LDKにはオープンなキッチンと一体となったダイニングテーブル、畳の小上がりが配置されている。キッチン側からも通路に抜けられる回遊動線になっている。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 与那覇侑哉


    宅地建物取引士/インテリアコーディネーター/カラーコーディネーター 建材メーカーに入社後、商品の開発に携わる。その後、リノベーションの設計・施工管理会社を経て、2013年よりリノサポコンサルタントへ。 「理想の暮らし」や「将来の自分に合う暮らし」をお客様一人ひとりと向き合いながらヒアリング。要望を聞くだけでなく、お客様に最適な暮らしをご提案いたします。自身のリノベーション経験も交えながら、お客様が楽しく納得して進めていけるコンサルティングを心掛けています
  • 設計・施工

    株式会社錬