お宅拝見

有機と無機の心地よいリズム<3/3>



せっかく家を持つなら、自分たちにぴったりの空間にしたい


ーー空間の気持ち良さと使い勝手の良さ。おふたりが求める心地よさが詰まったお住まいですが、中古マンションリノベーションを選んだ理由は何だったのですか?
 
ご主人: 自分たちの暮らしに合わせて自由な空間をつくれるから」という点が、中古を選んだ大きな理由でした。せっかく家を買うなら価値が落ちにくい家を選びたいという気持ちもありました。新築物件も見に行きました。でも、背の高い僕ら夫婦にはちょっと手狭に感じて、内装の自由度が少ないのも不満でした。
 
ーーリノベーションの依頼先はどのように探したのですか?
 
ご主人: 僕の勤め先の先輩がリノベーションに詳しくて、いくつかおすすめの会社を教えてくれました。その中のひとつが、リビタでした。ちょうどリビタの一棟まるごとリノベーション物件の見学会をしていたので、参加してみました。その時は中古リノベーションについて漠然とした知識しかなかったのですが、こんなリノベーションもできるんだと、リビタという会社への興味が高まりました。


水回りは、他のエリアとは違う壁紙の色を使い、違った雰囲気のリズムに


ーー現在のお住まいであるマンションは、どのようにして見つけたのですか?
 
奥さま: リノベーションの依頼先探しと並行して自分たちでも物件探しをしていて、私が見つけました。元々住んでいたエリアが好きで同エリアの物件を探していたのですが、条件が折り合わずエリアを広げて探した結果、この物件にたどり着きました。

ご主人: 新耐震物件で条件も良かったので、これはと思い、『リノサポ』に相談して、物件内見に同行してもらいました。日当たりがいいことと、全室に窓があること、そして「天井が高くできそう」という『リノサポ』の担当コンサルタントの大嶋さんのコメントが決め手になりました。このエリアはそれまで来たことがなかったのですが、実際に来てみたらとても住みやすそうな街で、気に入りました。


セカンドリビングとLDKを仕切る引き戸。壊せなかった壁には造作のAVシェルフを取り付けた


ーー空間づくりも、住まいの選び方も、ご自分たちの求めるものをしっかり見つめて、合理的に取り組んでいるのが印象的です。『リノサポ』をご利用になられてみて、いかがでしたか?
 
奥さま: リノサポ』のコンサルタントが介入してくれるメリットは、自分たちとの相性を見極めた上で設計者さんを紹介してくれるところだと思います。デザインが好みなだけでなく、話し合いもしやすい勝又さんを紹介してもらえたことは、大きなポイントでした。
 
ご主人: 寝室を囲む壁が壊せず室内窓が付けられないとなった時は、鏡を貼ることを提案してくれたり、ネガティブな要素もポジティブな要素に変えてしまう勝又さんとの出会いが得られたことで、満足のいく家ができました。


質感のあるグレーの壁はOさんご夫妻がDIYで塗装。上部にはめ込んだ鏡が空間に奥行きを演出

 
文:佐藤可奈子/撮影:渋谷南人/取材協力:toolbox
取材・撮影:2017年8月







 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 81.88㎡
  • 間取り: LDK+セカンドリビング+寝室+WIC
  • 既存建物竣工年: 1986年
  • リノベーション竣工年: 2016年

閉鎖的な廊下を経てLDKへと続く元2LDKの間取りを、ひと部屋の壁を取り払い、LDKへの動線を兼ねるセカンドリビングとして、全体を開放的な空間に。水回りは位置変更をするとコストが嵩むこともあり、位置はそのまま、クローズド型だったキッチンを回遊性のあるアイランド型キッチンに変更、浴室・洗面・トイレも設備内装を新たにした。間仕切り壁がコンクリートだった部屋は複雑な形状を生かしつつ、WICを備えた寝室に変貌した。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 大嶋亮


    宅地建物取引士/既存住宅アドバイザー兵庫県生まれ。商空間の設計施工会社で営業、現場管理、設計などを経験。その後、建築設計事務所へ転職し住宅・店舗設計を担当。2008年に株式会社リビタへ入社。リノベーションの得意な不動産コンサルタントとして、建築的な知識・目線、不動産知識・経験則を活かした売却戦略や賃貸など中長期的な目線で、一人ひとりに最適な暮らし方や住まい方を提案いたします。
  • 設計

    株式会社キャンプサイト
    勝又みづき