お宅拝見

有機と無機の心地よいリズム<2/3>



暮らしにゆとりを生むための「仕掛け」


ーー家のあらゆるところにグリーンが飾られています。小物の飾り方にも、とてもセンスを感じます。
 
奥さま: 私はインテリアグリーンが趣味なのですが、グリーンを吊るして飾れるようにと、天井にハンガーパイプを付けてもらいました。
 
ご主人: お気に入りのものを飾れるようにしたい」というのは、当初からの希望でした。収納は必要だけど、扉付きの隠す収納ばかりになって、余裕が感じられない空間になるのは嫌でした。ダイニングのオープンラックは、よく使うキッチン家電や茶器などを置くのに重宝しています。


天井のハンガーパイプに吊るされたグリーンが、コンクリート躯体現しの天井とマッチ


ーーアイランド型のキッチンの背面にも飾り棚が設けられていて、キッチンですが家具のようにも見えますね。
 
ご主人: LDK全体と馴染むように、ダイニングのカウンター収納と同じ面材で仕上げてもらいました。
 

奥さま: 既成のシステムキッチンも検討しましたが、「ここはこうだったらいいのに」と思うところが多くて。二人で一緒に料理ができるキッチンにしたかったこともあり、オリジナルで作ってもらいました。設備は、さまざまなメーカーから探しに探して選びました。


木の棚、鉄の棚受け、白タイル、そしてグリーンというリズムで構成するオープンラック


ーーダイニングのカウンター収納やキッチンの引き戸収納など、隠す収納もしっかり設けられています。
 
奥さま: 収納したいものをあらかじめ書き出しておいて、収納する場所や収納のスタイルを検討しました。ダイニングのカウンター収納には、キッチンで使うもののほかに、書類や救急箱などをしまっています。既製品の収納ケースやファイルボックスにラベルを付けて整理しています。
 
ーーウォークインクローゼットの収納計画は奥様が担当なされたそうですね。こだわったのはどんなことですか?
 
奥さま: こだわったのは、「限られたスペースの中でいかに分かりやすく収納するか」でした。寝室の窓から換気ができるような位置に空間をレイアウトしてもらい、服や、帽子、アクセサリーなど、収納するもののサイズと量を徹底的に調べて、ジャンルごとに整理して収納できるようにしました。


奥様の綿密なプランニングのもと完成したウォークインクローゼット。使いやすそう!
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 81.88㎡
  • 間取り: LDK+セカンドリビング+寝室+WIC
  • 既存建物竣工年: 1986年
  • リノベーション竣工年: 2016年

閉鎖的な廊下を経てLDKへと続く元2LDKの間取りを、ひと部屋の壁を取り払い、LDKへの動線を兼ねるセカンドリビングとして、全体を開放的な空間に。水回りは位置変更をするとコストが嵩むこともあり、位置はそのまま、クローズド型だったキッチンを回遊性のあるアイランド型キッチンに変更、浴室・洗面・トイレも設備内装を新たにした。間仕切り壁がコンクリートだった部屋は複雑な形状を生かしつつ、WICを備えた寝室に変貌した。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント 大嶋亮


    宅地建物取引士/既存住宅アドバイザー兵庫県生まれ。商空間の設計施工会社で営業、現場管理、設計などを経験。その後、建築設計事務所へ転職し住宅・店舗設計を担当。2008年に株式会社リビタへ入社。リノベーションの得意な不動産コンサルタントとして、建築的な知識・目線、不動産知識・経験則を活かした売却戦略や賃貸など中長期的な目線で、一人ひとりに最適な暮らし方や住まい方を提案いたします。
  • 設計

    株式会社キャンプサイト
    勝又みづき