お宅拝見

陽だまりと団らん<3/3>



暮らしながら手を加えていける家。
自分のセンスで飾ることを楽しめる家。


——この物件はリノベーション済みとして販売されていたものですが、ご自身でリノベーションをしたり、家を新築で建てるという選択肢も考えていましたか?

 
奥さま:新築の建て売りなども見学しましたし、中古リノベーションも検討しました。自分でやってみたい気持ちはありましたが、時間と労力を考えると、難しいなと思います。リノベーション済みでここまで完成している家があるなら、そのまま購入出来るに越したことはないです。こういう状態で仕上げてもらっていることがありがたいと感じます。自分たちでは出てこないアイデアがすでに形になっていますしね。
 
ご主人:リビタが販売している物件ということで、構造の補強や断熱材の新設などがしっかり施され、機能が向上していることも魅力でした。自分でリノベーションをするなら、その辺りも自分で考えないといけないですから。自分では何の苦労もなく、中古でも安心して長く住み続けられる家が手に入るのはありがたいです。
 
——この物件は高台に位置し、坂道を登った先にあり、前面道路からも階段でアプローチするという特徴があります。そのことに関しては、どう受け止められましたか?
 

奥さま:見学に来た時に、リビタの担当者の方から、そのことも包み隠さず話していただき、一般的な不動産の価値よりも住み心地を大切に考えているというお話に共感しました。不便さはありますが、高台だからこその眺望や心地よさをポジティブにとらえています。駅からの道を歩いて帰ってくる時、坂道を登って、我が家が近づいてくると景色が開けるプロセスは好きですね。



——住み始めてから手を加えたポイントや、今後手を加えていきたいところはありますか?
 
奥さま:キッチンにIKEAの食器棚とミーレの食洗機を設置しました。二人とも料理が好きなので、キッチンの周辺を充実させることから始めています。今後は1階の個室の使い方を考えて、アレンジしていきたいし、壁に絵や写真を飾ったりしていきたいですね。最初の状態は必要なものだけがセットされているという感じなので、暮らしながら自由に手を加えていける家だなと感じています。最初に全部決めるのは無理があります。住みながら、ある程度時間が経ってから気づくこともあると思うので、その都度手を加えるスタイルで暮らしていきたいと思っています。
 
ご主人:私はこの家に住み始めてから、リサイクルショップに通うのが趣味になりました。キャビネット、チェア、ミラーなど、面白いものを見つけては買い集めています。近所にある大型の園芸店で植物を買うのも楽しいですね。だんだん増えてきてジャングルのようになってきているのですが、日当たりもいいので植物もよく成長して、心地よさそうです。シンプルでラフな空間だから、自分のセンスで飾っていくことが気軽にできますし、いろいろなテイストを受け入れてくれるのだと思います。

文:村田保子/撮影:古末拓也
取材・撮影:2017年11月


 

 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 128.67㎡
  • 間取り: 3LDK
  • 既存建物竣工年: 1988年
  • リノベーション竣工年:

1階はウォークインクローゼットを中心にフリースペースが連なる回遊型の間取り。それに加えて約6帖の個室が2つある。Sさんご家族はフリースペースを寝室として使っている。ウッドデッキに面したバスルームには大きな窓もある。2階も同じく回遊型の間取り。トイレと収納を中心に、ダイニング、リビング、子どもスペースなどが連なる。ダイニングの奥にはキッチンがある。