お宅拝見

専用庭と絵画教室<2/3>



専用庭の広さに感激!
エリアと価格に納得感がもてた


——この物件を選んだ決め手はどんなことだったのですか?

ご主人:一棟まるごとリノベーションマンションは、構造や耐震性もしっかり調査され、安全性が確保されていますし、外壁や外構、共用部分、給排水管なども刷新されたり必要に応じて修繕されていることが魅力でした。

実は23歳の時に中古マンションを購入し、結婚してからもその家に住み続けていました。20年近く住んでいて築年数もかなり経ってきていたので、築古マンションの管理の問題なども気になっていたんです。集合住宅で自分の住む部屋だけ新しくしても、全体的に安全でなければ安心できません。

結婚して子どもが生まれ、手狭に感じていたので、これからも長く住み続けることができる家に住み替えようと思い、最初は都心の新築マンションを中心に探していました。しかしながら、子育てのことも考えると予算的に厳しい。ローンを払っていくことはできそうでも、余裕がなくなるのは嫌だなと思っていたんです。




専有部だけでなく、共用部も刷新されることが最大の魅力。


奥さま:前の家は荒川区の三ノ輪だったのですが、とても便利な立地で、リフォームも自分たちで手を加えながら好みの空間をつくっていたので、とても気に入っていたんです。中古のリノベ済みのマンションを検討したり、エリアも広げて探したりしていたのですが、よっぽど良い条件の物件じゃないと住み替えのメリットを感じられませんでした。

ご主人:そんなときに一棟まるごとリノベーションマンションを知ったので、これはいいなと思って見学に行きました。最初は自由設計プランに興味があったのですが、見学したときに妻が1階の物件に付いていた専用庭を気に入ってしまったんです。

奥さま:気に入っていた以前の家を離れるには、何かプラスのワクワク感が必要だと感じていたんですが、この庭を見た時にそれを確信しました。何といってもこの広さには感激しました。庭だけで前に住んでいた家よりも広いんです!(笑)

1階は自由設計プランを選べる物件が残っていなかったので、標準プランになるのですが、自由設計をできなくても問題ないと感じるほどに、庭に心を動かされました。植物が好きで育てたいと思っていましたし、娘が昆虫好きなので、この庭で遊べたら毎日楽しいだろうなと、家族で暮らしているイメージが湧いてきました。

ご主人:ネットではいろいろと物件を見ていましたが、実際に見学をしたのはこの物件だけなんです。求めるものが叶っていたので、あまり迷わず決めることができました。2月に物件を探しはじめて、6月には入居しましたから、非常にスピーディーに住み替えができたと感じています。仕事も忙しく、子どもの幼稚園のタイミングもあり、あまり時間や手間をかけられないと思っていたので、この物件と出合えてとてもよかったと思っています。

——新松戸というエリアについてはいかがでしたか?

ご主人:
前は自転車通勤していたので、できれば都内の便利なところが希望でした。最初は台東区や足立区などを想定していたんです。でも都内だと新築やリノベ済みのマンションは価格が高く、費用対効果が感じられなくて…。価格帯と都内への通勤の距離感を考えたとき、この物件は納得感がありました。電車通勤になってしまうのですが、そこは妥協しました。

奥さま:まったく縁がないエリアだったので、購入を決めてからいろいろ調べはじめましたが、昔ながらの落ち着いた住宅街でファミリーが多く、学校や商業施設も充実していることが分かり、住みやすさと安心を感じました。実家が大阪の郊外なのですが、そこと似ている印象もありました。ここで腰を落ち着けて長く住んでいきたいという気持ちになりましたね。


近隣にはお子さんがのびのびと遊べる場所も。


 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 74.10㎡
  • 間取り: 3LDK
  • 既存建物竣工年: 1992年
  • リノベーション竣工年: 2016年

玄関を入ると廊下があり、手前左右に個室が配置されている。その先は、右手に水まわり、左手にキッチン。つきあたりのドアを開けると約11畳のリビングダイニング。その隣には引戸で仕切ることができる約6.5畳の個室がある。Nさんご家族は普段は引戸を開け放し、広々とした空間を楽しんでいる。リビングダイニングから出入りできる専用庭は42.97㎡。