お宅拝見

青い空と吹き抜けメゾネット<2/3>



螺旋階段の先に広がる「ラウンジ」は
家族で共有出来る、多目的空間


——リノベーションの設計について、希望したことやこだわったところを教えてください。

奥さま:
既存の間取りをある程度活かしながら、必要なところは大きく変更しています。2階には個室を2つと、家族が共有できるラウンジのような場所も設けることにしました。あとはトイレが上下に2つあったのですが、これは1つでいいと判断しました。

——ラウンジとは、螺旋階段を上ったところの吹き抜けを見下ろすオープンな空間ですね。本棚やデスクもあって、ライブラリーのような雰囲気にもなっていますね。

奥さま:
正面には吹き抜けと高窓からの景色。抜けも良くて、ドラマチックな雰囲気の空間になりました。近いうちにこの空間に似合うチェアを探して、読書をしたいなと考えています。今のところ、エッグチェアかスワンチェアかなと思っているんですけど。オットマンも欲しいですね。



ご主人:2階のラウンジから見下ろす感じも好きです。螺旋階段を上がってくると目線が変わって、1階と2階では居心地も違います。上から見下ろす目線を日々の生活で体感できるのは、メゾネットだけの魅力だと思います。



——2階はラウンジを囲むように、主寝室、子ども室、水まわりが配置されていて、回遊性のある間取りになっていますね。

奥さま:
主寝室は広めなので、入り口を2カ所に設け、動線的にも使いやすくなっています。今は広い主寝室を息子と私で使っているので、IKEAのロフトベッドを置いて下段を子どもの空間に。将来的に子ども室にしようと考えている個室を主人が使っています。



奥さま:そしてラウンジを仕切る収納と本棚の上も少し隙間を設け、洗面室にも光や家族の気配が伝わるようになっているんです。



ご主人:個室の間仕切りが引戸なので、開けておけば広く使うこともできます。吹き抜けに面した側の引戸は半透明だから、閉めていても光が入ってきて明るく快適です。将来的に子ども室として使うときは、引戸を閉めれば個室となりますが、勉強はラウンジのデスクでしてくれたらなと思っています。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 87.52㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 2002年
  • リノベーション竣工年: 2016年

螺旋階段でつながるメゾネット。1階はワンフロアまるごとLDKでオープンキッチンとパントリーがある。2階は吹き抜けとつながる4畳弱のラウンジを中心に、8畳強の主寝室、3畳の子ども室、トイレ、洗面、浴室が配置されている。主寝室にはドアが2カ所あり、回遊できる間取りになっている。ラウンジにはデスクと本棚があり、家族で共有できる多目的な使い方をしていく予定。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ 
    「リノサポ」コンサルタント ​森本寛之


    宅地建物取引士/二級建築士

    新築住宅を専門とする設計事務所、商業コンサルティング会社、デベロッパーを経験ののち、2008年に株式会社リビタへ入社。リノサポコンサルタントへ。
    「不動産」と「建築」。2つの職能・領域を横断しながら、お客様に最適な選択を提案いたします。都心で希少な100㎡を超える邸宅マンションを紹介するサービス「R100 TOKYO」も担当しております。


     
  • 設計

    atelier etsuko 山田悦子