お宅拝見

アンティークと緑<2/3>





国籍や職種を超えた
さまざまな友人が集まって賑やかに過ごす広いリビング。

 
——20畳のリビングダイニングとそこからつながる6畳ほどのキッチン。他には9畳の寝室と個室が2つありますが、どのように使われていますか?

奥さま:南側の広めの個室を寝室として使っています。残り2つの個室は、私と主人がそれぞれ書斎として使っています。主人はコレクションの他にも書籍をたくさん所蔵していますから、広めの個室が必要でした。引っ越しのとき、書籍だけで段ボール100箱分もあったんです! 私もアトリエとして使う自分の仕事部屋が必要だったので、この間取りは私たちのニーズにぴったりでした。
 
——広いリビングダイニングでは、どのように過ごされていますか?



奥さま:普段はダイニングテーブルやソファでくつろいだり、絵や植物を眺めたりして過ごしています。主人は植物の手入れをよくしていますね。友人や仕事関係の仲間を呼んで、ホームパーティをすることも多いです。私は料理が好きなので、もてなすことも楽しみの一つ。国籍も職種も年齢もボーダレスにさまざまな人が集まります。これだけ広いリビングがあれば、大人数でも窮屈さがなくていいですね。
 


——間取りや壁の仕上げが気に入って、この物件を選ばれたということですが、築30年の「リノベーション済みマンション」ということに対して、どのように感じられましたか?



奥さま:今までも何度か住み替えをしてきて、世田谷区や新大久保の中古マンションを購入し、軽くリフォームして住んでいたので、中古という点には全く抵抗はありません。リノベーション済みの物件を購入したのは初めてですが、手間がかからなくてとてもいいと感じました。設備もグレードの高いものが備わっているし、配管なども交換されているということで、自分でリフォームするより良いものに仕上がっているかもしれませんね。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 116.05㎡
  • 間取り: 3LDK
  • 既存建物竣工年: 1986年
  • リノベーション竣工年: 2013年

玄関を入るとL字の広々とした通路に沿って、9畳の寝室と5.5畳、9畳の2つの個室が並ぶ。通路の奥に約20畳のリビングダイニングがあり、そこからダイレクトに続く6畳ほどのキッチンがある。キッチンからは個室や玄関へと続く通路に出ることができ、回遊性のあるプランとなっている。