お宅拝見

音楽とアート<1/3>

40代前半の会社員のご主人と、30代のフラワーデザイナーの奥さま。もうすぐ第一子が生まれるご予定のAさんご夫妻は、都内にある145㎡という広さを誇る築22年の中古マンションを、自分たちの暮らし方に合わせリノベーションするという選択をした。広さを活かし、つくり上げたこだわりの空間だ。



花や絵で色味を添えて、
季節感を暮らしに取り込む。


——玄関からL字の通路が続き、壁のニッチはライトアップされていて、素敵なお花や写真が飾られていますね。
 
奥さま:私はフラワーデザインの仕事をしているので、家でも花を飾る場所をつくりたかったんです。玄関はお客さまを迎える場所ですから、造花を中心に小さめのものを飾って、すっきりとまとめています。1カ月に1回くらいの割合で、季節に合わせてコーディネートを変えて楽しんでいて、今は初夏の雰囲気。先月はイースターをテーマにしたディスプレイにしていました。



——てっきり生花だと思っていました。とても造花とは思えない美しさですね。
 
奥さま:近年は造花のクオリティはとても上がっています。私も仕事としてつくることもあるのですが、造花の場合でもプロにイメージを伝えて依頼すると、空間を一新してくれるようなアレンジをつくってくれると思いますよ。
 
——通路を進むとガラスの建具で間仕切られたLDK。とても広いですね。グランドピアノがありますが、ほどよいスケール感で収まっています。ダイニングテーブルの近くの棚にニッチがあって、こちらにも素敵なお花が飾られています!



奥さま:このニッチはLDKのアクセントになるような、インパクトのある生花を飾りたいなと思い、大きめにつくってもらいました。もうすぐ第一子を出産予定なので、子どもの節句の人形や道具を飾るのもいいですね。周囲は収納で、食器や花器などをしまっています。
 
——花だけではなく、絵もたくさん飾られていますよね。とてもお上手に空間に取り入れられていると思います。
 
ご主人:玄関の通路に飾っているのは、実はポストカードを額装したものです。パリに旅行に行ったときに、家に飾るために絵を買おうと考えていたのですが、気に入ったものが見つからず、代わりにたくさん種類があったポストカードから、好きなデザインのものを選んで購入。帰国後に専門店に依頼して、額装してもらったんです。



奥さま:LDKにも絵を飾っていますが、空間のベースとなる壁や床は色味をおさえ、花で色を添えたり、ラグやクッションカバーなどの色を季節ごとに変えたりして楽しんでいます。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 145.22㎡
  • 間取り: 3LDK
  • 既存建物竣工年: 1992年
  • リノベーション竣工年: 2014年

玄関を入るとL字に続く通路に沿って、水まわり、寝室、将来の子ども部屋がある。寝室も広々としており、約12畳ある。観音開きの木枠ガラスドアを抜ける と、約27畳のリビングダイニング。オープンキッチンは、コの字形にカウンターが連なった約8畳のスペース。リビングダイニングの奥には書斎として使って いる個室がもう一つある。