お宅拝見

ヘリンボーンと開放感<1/3>

共働きで多忙な日々を送る30代のMさんご夫妻。家では料理をつくってワインを飲むなど、リラックスして過ごすことが多いという。そんなお二人が新居として選んだのは、一棟丸ごとリノベーションマンションの「リノア東日本橋」。設計者と数回の打ち合せを重ね、空間をゼロからつくり上げるフリーデザインコースで仕上げにこだわり、ワンルーム状につながるゆとりのある空間をつくり上げた。



都心で水辺の住まいを叶えた
一棟丸ごとリノベーションマンションとの出会い。


—— 一棟丸ごとリノベーションマンションの「リノア東日本橋」は、東日本橋の駅から徒歩数分。都心のとても便利なエリアにありますね。
 
奥さま:二人とも仕事が忙しいので職住接近を目指し、都心エリアに住むことが一番の希望でした。他に千代田区や港区など都心に絞って、いろいろな物件を検討していましたね。



——その中で「リノア東日本橋」を選ばれたのは、なぜですか?
 
奥さま:いろいろな物件を見学したのですが、希望に合う家を見つけられずにいたんです。新築マンションはピンとこなったし、リノベーションもいいなと思ったけれど、どう進めていけばいいか分からず、中古の物件は構造や配管のことなども気になって、選ぶ軸が分らなくなっていましたね。そこで出会ったのが「リノア東日本橋」。建物全体を調査して、共有部分も含めてリノベーションされているということで安心だったし、リビタの方にサポートしてもらいながら、好きな間取りや仕上げにできるという点も魅力的でした。新築と中古のいいとこ取りができる、他にはない家づくりができるのではないかと感じました。
 
ご主人:水辺の近くに住みたいという希望がなんとなくありました。ファーストハウスもないのに、いきなりセカンドハウスを持とうとして、房総の物件を見に行ったりもしましたね。一棟丸ごとリノベーションマンションの「リノア東日本橋」を見つけて説明会に参加したとき「求めていたのはコレだった!」と、すぐに決めました。この気持ち良い眺めはやっぱりインパクトがありましたね。


間取り・プランを見る

  • 専有面積: 81㎡
  • 間取り: 1LDK
  • 既存建物竣工年: 1995年
  • リノベーション竣工年: 2015年

洗面とバスルームを真ん中に置いた回遊性のあるプラン。扉があるトイレ、納戸、バスルームなどをのぞけば、すべての空間がワンルーム状につながっている。玄関を入ると右側にオープンな下足棚と通路があり、8畳以上あるウォークインクローゼットへとつながる。水まわりの脇を通ってLDKへとつながり、キッチンの脇から納戸やトイレが並ぶ通路を抜けて、再び玄関へと続く。

PROJECT MEMBER