お宅拝見

家族の時間と仕事の時間<1/3>

ご夫婦でデザイン会社を営むTさんご夫妻は、ともに40代で7歳の娘さんがいる。16年前のご結婚時に横浜市青葉区の分譲マンションを購入。手狭に感じていたため、もう少し広い面積がほしいと考えていたという。そんなときに出会ったのが、HOWS Renovation(ハウスリノベーション)の「青葉台の家」だった。



日本の住居の価値を見直し、
手を入れながら大切に住み続けたい。


——「青葉台の家」を購入された経緯を教えてください。

奥さま:以前は近くにある分譲マンションに住んでいました。具体的に住み替えを考えていたわけではないのですが、子どもの成長とともに手狭になりつつあったので、もう少し面積が広くなるといいなとなんとなく思っていました。そんなときに、「青葉台の家」のことを知り見学に行きました。ユニークな設計で面白いと感じたのと、駅から近くて高台にあるという点が気に入って購入を決めました。玄関から土間が奥まで続いていて開放的だったことと、2階の大きな窓から見える風景が印象的でした。

 

ご主人:リビタの担当者の方から、HOWS Renovationのコンセプトを聞いて、とても共感しました。日本の住宅業界では築20年くらいで建物の価値がないと見做されてしまうことや、日本中にたくさん眠る空き家が活用されていないことなどは、私たちもデザイナーとして気になる課題でした。それらの価値を見直し、少しずつ手を入れながら大切に住み続けていくことは素晴らしいと思います。そういった暮らし方をすることで、文化は成熟していくのではないかと、私たちは考えています。
 
奥さま:住みながら自分たちで内装をつくっていけるというコンセプトも面白いなと思いました。リビタの目指す新しい取り組みが、時代にマッチしているということを、住むことで体験したいと思いました。
 
——青葉台エリアには住んでどれくらい経ちますか?街の魅力を教えてください。
 
奥さま:結婚したときにマンションを購入し、16年くらい住んでいます。お互いに実家も近く、生まれも育ちもこのエリアなんです。スーパーや病院、銀行など生活に必要な施設が充実していてとても住みやすいし、学校や塾なども多く、子育ての環境として選択肢が豊富にあります。一方で小さなレストランや個人の方が経営されているこだわりの店がたくさんあって、青葉台にしかない街の顔のようなものが垣間見られるところが面白いと思います。住むならこのエリア以外は考えていませんでした。駅近で物件が出ること自体が珍しいですし、このような形で良い物件に出会えたことにご縁を感じました。

 

ご主人:車で10分も走れば田畑や森が広がり、野菜の直売所などもあるのどかな田園風景もあります。その中に若い経営者が営むコーヒーショップや木工作家の工房などもあり、カルチャー色を感じることも魅力です。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 109.32㎡
  • 間取り: 3LDK+α(土間)
  • 既存建物竣工年: 1978年
  • リノベーション竣工年: 2015年

花壇にはさまれた長い階段を上った高台に建つ。1階は玄関から続く広い土間があり、ウッドデッキや庭が広がる。土間に沿って、引戸で開閉することで仕切ったりつなげたりできる2つの空間がある。玄関脇にはオフィスとして使っている個室もある。2階はまるごとLDKのワンルーム状の空間と水まわり。特注の大きな窓からは見晴らしの良い景観が広がり、テラスも設けられている。