お宅拝見

広い土間と高台の暮らし<3/3>




キッチンやクローゼットの収納も、

使い方に合わせて自由につくる。

——「自由にできる余白が多く残っている」とのことですが、まずは何を作られる予定ですか?
 
ご主人:ウォークインクローゼットやパントリーとして使う予定の空間に、棚をつくっていこうと思っています。それらも最初は何もないがらんとした空間なんです。自分たちで使い方に合わせて、棚をつくったり、収納家具を準備したりする必要があります。
 
奥さま:現状は準備段階なので、ワイン箱をいくつか重ねて、食材やキッチンツールを収納するなどの工夫をしています。パントリーの棚ができたら、そちらに収納するものを整理し、その後でキッチンのシンク下など、見えているオープンな収納をどうするか考えていきたいと思っています。



ご主人:あとは2階のフリースペースの壁に、天井まで続く本棚をつくる計画です。リビングのテレビがある壁にも、横手に一直線につながる低めの棚をつくりたいですね。棚板の材料は、見た目もシンプルで手に入りやすいラワン合板でつくろうかなと思っています。
 
——棚板の素材やサイズなど、かなり具体的に計画されているんですね。引っ越し前に手を加えたところはありますか?

 
ご主人:床にオイルを塗りました。ナチュラルカラーを選んだのですが、無垢のフローリングにしみ込むと塗れたような色になって、少し落ち着いた感じになりました。
 
奥さま:作業は家族3人で力を合わせ、リビタの方にも手伝ってもらって進めましたが、とても楽しめました。自分たちで塗ることで家により愛着がわき、良い思い出になりました。
 


——最後に中古戸建てのリノベーションならではの魅力をお聞かせ下さい。
 
奥さま:引っ越してきたときから無機質な感じがなく、「家族が住む家」といった温かみのようなものがすでにあったように感じました。とてもスムーズに家に馴染むことができたと思います。
 
ご主人:ディテールを細かく見ていくと、既存のものが少し残っています。ちょっと古めかしい感じの窓の格子とか、玄関のドア、下足棚などのデザインが好きですね。新築ではなかなか出せない味わいのようなものがあると思います。
 
奥さま:それらの既存のディテールは、グレーで塗装されている部分が多いのですが、そのグレーの色合いがとても好きな色でした。懐かしい感じのディテールが塗装されたことで、空間の良いアクセントになっていると思います。
 


——植栽や芝生なども既存のまま流用されていますよね?
 
ご主人:前に住んでいた方がすごく丁寧に整えられていたので、それをそのまま引き継ぎました。植物はすぐには育たないものなので、そういった部分にも価値を感じます。これから大切に手を入れていこうと思っています。
 
——中古戸建てを買って自分たちでリノベーションをするのではなく、リノベーション済み戸建てを選択されたことで、感じるメリットのようなものはありますか?
 
ご主人:構造や断熱などのハコの部分と安心安全面の仕組みの2つがパッケージ化されているので、購入しやすいというメリットはあると思います。自分で戸建ての物件を探して、購入して、リノベーションをするということをやりたいけれども、忙しくてなかなかできないという人は意外と多いのではないでしょうか。そういった人たちにとっては、良い選択肢の一つになると思います。
 


■利用サービス:HOWS Renovation
文:村田保子/撮影:古末拓也
取材・撮影:2016年2月


——————
戸建てリノベーションは、WEBサイト「HOWS Renovation Lab.」で詳しくご覧いただけます。
現在、横浜青葉台エリアでいくつかの物件を公開しています。
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 121.72㎡
  • 間取り: 2LDK+α(土間、フリースペース)
  • 既存建物竣工年: 1984年
  • リノベーション竣工年: 2015年

1階は玄関から続く広い土間とLDKを中心とした、間仕切りのないワンルーム空間。ウッドデッキを囲むようにL字に配置されている。土間とLDKは合わせて27帖ほどあり、広々とした開放的な雰囲気。2階は2つの個室があり、間にあるウォークインクローゼットへは、両方の個室からアクセスできる。日当たりと眺望のよい場所に、フリースペースが設けられている。

PROJECT MEMBER

  • HOWS Renovation 桜庭伸也

    宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー

    不動産仲介会社にて、法人向け・個人向けの仲介業務を従事したのち、2011年よりリノサポコンサルタントへ。
    不動産の王道を熟知しながらも、クリエイティブマインド溢れる稀な仲介マンとして「売主様」と「買主様」、「お客様」と「物件」など、常に両者を気持ちよくつなげる「仲介」を大事にしています。自身のリノベーション体験をもとに、お客様と等身大でお話ししながら、暮らしづくりの提案をいたします。