お宅拝見

200㎡の空間とテラス<3/3>



明るい空間をつくるために白を基調とし、
素材の変化でコントラストを付ける。



——仕上げの素材などで、こだわったところはありますか?
 
奥さま:標準タイプをベースに、シンプルに仕上げていますが、外部空間の緑が映えるように白を基調にすることにこだわりました。キッチンのボディは白の鏡面塗装に、天板はクォーツが主成分の人工大理石にしてもらいました。以前住んでいた家のキッチンがダークな色合いで、空間が暗い印象になってしまっていたので、とくにキッチンは明るくしたいと思っていたのです。
 
——リビングの壁の一面はテクスチャーのあるタイルですね。こちらも同じ白ですが、表情が随分違って、アクセントになっていると思います。
 
ご主人:壁にはギリシャ産のストーンタイルが張られています。テレビボードもキッチンと同じ素材で、新しく造作しました。壁も家具も全部白だと、明るすぎるのではないかと思いましたが、石や木などいろいろな素材がミックスされているので、コントラストがあって面白いと思います。



奥さま:もう一つ、差し色としてグリーンをテーマカラーにしています。小物や雑貨は、グリーンのものを意識してセレクトしました。あと、ガラスのものも取り入れています。緑、白、ガラスが好きなので、それらの要素を組み合わせて空間をつくりたいと思ったのです。
 
ご主人:そこに観葉植物なども取り入れています。香りも好きで、お香やアロマデュフューザーなどもインテリアの一つとして楽しんでいます。


壁には光の加減で美しい陰影をもたらす、ギリシャ産のストーンタイルを使用

——リビングではどのように過ごされていますか?
 
ご主人:ソファに座ってテレビを観たり、読書をしたり、外の景色を眺めたりしていることが多いです。観葉植物の世話などをしているときもありますね。
 
——今後、手を加えたいと考えている場所などはありますか?
 
ご主人:リビングもかなり広くて空間に余裕があるので、一角に小さな書斎をつくるというのも一つのアイデアだと思っています。飾り棚をつくって空間を切り分け、リビング側には雑貨や小物など、インテリアとして楽しめるものをディスプレイして、書斎側には本などを置くというのはどうかと考えています。リビングを彩るアクセントにもなるし、収納も確保できて一石二鳥。暮らしていると、いろいろアイデアが浮かんでくるので楽しいですね。
 


■利用サービス:R100 TOKYOリノベーション済みマンション
文:村田保子/撮影:鈴木拓也
取材・撮影:2015年11月
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 235.58㎡
  • 間取り: 3LDK+ワークスペース
  • 既存建物竣工年: 1992年
  • リノベーション竣工年: 2013年

メゾネットタイプで2層に分かれている。1階は吹き抜けの広い玄関ホールからワンルーム状のLDKにつながる。LDKはL字型になっており、ダイニングの1面、リビングの2面がテラスに面する開放的な空間。キッチンにはテラスに面したアイランド型のカウンターがある。2階は水まわり、17畳の主寝室、7.5畳の子ども室が2部屋、書斎がある。

PROJECT MEMBER