お宅拝見

200㎡の空間とテラス<2/3>



テラスに向かって外の景色を眺めながら
料理やパソコンができるキッチン。



——1階は広い吹き抜けの玄関ホールがあって、リビング、ダイニング、キッチンは間仕切りのないワンルーム状の空間です。標準タイプの間取りから変更したところはありますか?
 
奥さま:標準タイプの間取りでは、キッチンとダイニングの間に壁があったのですが、それは取り払ってもらい、新しくアイランド型のカウンターをつくってもらいました。私はほとんどの時間をキッチンで過ごしますから、テラスに向かって外の景色を眺めながら、開放的な気分で料理がしたいと思ったのです。料理だけではなく、パソコンをするときもこのカウンターを使います。キッチンは私の部屋のようなものですね。



——ダイニングの1面、リビングの2面が広々としたテラスに面していて、とても開放的な造りですね。テラスはどのように使っていますか?
 
奥さま:テラスからはサクラの木も見えるので、春は花見が楽しめます。家族や友人を招いてバーベキュー、鍋、鉄板焼きなど、いろいろな集まりに使っています。季節が良いときは、日常的にテラスでお茶を飲んだり、朝食を食べたりもします。次男はよくリフティングの練習をしていますし、長女は一輪車で遊んでいます。広さがあるので、子どもたちの遊び場にもなっていますね。それから犬が運動をするスペースとしても活用しています。

 

ご主人:高台に建っているので抜けがあり、遠くまで景色が見える部分もあるのですが、周囲に樹木が多いので、こもった感じもしますね。プライバシーが守られているので、落ち着きます。さえぎるものがないと、景色は素晴らしいと思いますが、周囲からも室内が見えてしまいますから、どうしてもカーテンを閉めたくなってしまうと思うんです。この家は周囲の樹木のおかげで、周囲からの目線が気にならないので、開放感や外部空間を思う存分楽しんでいます。
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 235.58㎡
  • 間取り: 3LDK+ワークスペース
  • 既存建物竣工年: 1992年
  • リノベーション竣工年: 2013年

メゾネットタイプで2層に分かれている。1階は吹き抜けの広い玄関ホールからワンルーム状のLDKにつながる。LDKはL字型になっており、ダイニングの1面、リビングの2面がテラスに面する開放的な空間。キッチンにはテラスに面したアイランド型のカウンターがある。2階は水まわり、17畳の主寝室、7.5畳の子ども室が2部屋、書斎がある。

PROJECT MEMBER