お宅拝見

200㎡の空間とテラス<1/3>

中学生、小学生の3人のお子さまがいる、Mさんご夫妻。数年前に東急田園都市線・二子玉川駅周辺に位置する分譲マンションを購入し、暮らしていましたが、お子さまたちの成長とともに手狭に感じるようになり、200平米を超える広さがある「瀬田ファースト」への住み替えを決めました。



個室の使い方やアレンジは自由自在。

広さがあるから暮らし方のアイデアが広がる。


——Mさんのお宅は、メゾネットタイプでフロアが2層に分かれ、延床面積が235平米強あります。マンションとしてはとても面積が広いですね。

ご主人:
子どもが3人いて、一番上が中学生です。将来的にそれぞれに個室が必要になるかもしれないと思っていて、広めの家を探していました。以前は、95平米くらいのマンションに住んでいたのですが、子どもたちの成長とともに、手狭に感じるようになり、住み替えを考えるようになったのです。

 
                                                                                                                            

——Mさんがご購入された瀬田ファーストは、販売時にモデルルームが2タイプ提案され、それをベースにリノベーションを進められました。Mさんは個室を重視した標準タイプを選ばれたのですよね?

ご主人:標準タイプの間取りは、1階がLDKで、2階には個室が3つありました。2階は浴室が2カ所にあったのですが、1カ所に減らし、書斎とクローゼットに変更しました。浴室は1つで十分でしたから、合理的に考えて使える部屋を増やしました。

——2階の3つの個室はどのように使っていますか?

ご主人:17畳の一番広い部屋が主寝室。7.5畳の2部屋が長男の部屋と、次男と長女の部屋です。書斎は主に私が使っていますが、もう一つ子ども室が必要になったら、書斎は一時的に寝室の一角に移して、子どもに明け渡そうと思っています。それも、寝室が17畳あるから考えられることですね。

 

——書斎も含めれば個室が4つありますから、いろいろな使い方を考えることができますよね。


ご主人:実はもう一つアイデアがあって、子どもたちには個室ではなくて、勉強する部屋、遊ぶ部屋、寝る部屋など、それぞれ目的別に空間を共有してもらってもいいかなとも考えています。一人ずつ個室を与えてしまうと、こもりがちになりますから。どのように使っていくか、今後、子どもの状況を見ながら、考えていきたいと思っています。
 
——この物件はメゾネットタイプで、フロアが2層に分かれていることも大きな特徴ですが、暮らしみていかがですか?

 

ご主人:私はずっと子どもの頃からマンション暮らしで、階段のある家に住んだことがなかったんです。だからメゾネットにはとても惹かれました。一番のメリットは、2階のプライベートな空間と1階のパブリックな空間を、きっちり分けられることだと思います。お客さまが来たときにも、1階のLDKは自由に行き来していただけますし、プライベートな空間を見せてしまう心配もありません。さすがにうっかり2階に上がる人はいないですから(笑)
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 235.58㎡
  • 間取り: 3LDK+ワークスペース
  • 既存建物竣工年: 1992年年
  • リノベーション竣工年: 2013年

メゾネットタイプで2層に分かれている。1階は吹き抜けの広い玄関ホールからワンルーム状のLDKにつながる。LDKはL字型になっており、ダイニングの1面、リビングの2面がテラスに面する開放的な空間。キッチンにはテラスに面したアイランド型のカウンターがある。2階は水まわり、17畳の主寝室、7.5畳の子ども室が2部屋、書斎がある。

PROJECT MEMBER