お宅拝見

豊かな緑とメゾネット<3/3>



スチールフレームのガラスの間仕切り、
アクセントの木の壁など、明確なイメージを形に。


——仕上げのイメージは、「スチールや木を使って武骨に、店舗のような雰囲気に」とのことでしたが、実際に使う材料はどのように決めていったのですか?

ご主人:好きなイメージの写真などを集めて、山田さんにお伝えしておき、それぞれの場所ごとに、いくつかのサンプルを提案してもらい、その中から選びました。

奥さま:キッチンと洗面室は、木を希望していたのですが、最終的には使い勝手を優先し、木目調のメラミンの面材を選びました。ほとんど見た目は木と変りませんし、水に濡れることを気にしなくていいから、良かったと思っています。

 

——1階のスチールフレームのガラスの間仕切りが、とくに印象的です。これも最初からイメージしていたのですか?


ご主人:ワークスペースはこんな感じにしたいと、以前から考えていました。玄関と階段のスペースとは、一区切りつけたいと思っていたのですが、完全に個室にすると暗く、閉塞的になるので、ガラスにして光と抜けをキープしたいと思ったのです。

奥さま:ガラスだと落ち着かないかなと思っていたのですが、まったく気になりません。広く感じるし、空調効率もよくなるので、機能的にも優れています。




ご主人:2階のテレビボード側の壁は、途中まで塗装で、上の部分に木を張ってもらったのですが、これも最初からイメージがあって、リクエストしました。フローリングと同じ、オークの無垢材が張られています。

——間接照明も効いているし、空間の良いアクセントになっていますね。コンクリートと木、黒のスチールで構成された空間に、植物がすごくマッチしています。室内やバルコニーに、たくさんの植物がありますが、これは引っ越してきてから、揃えられたものですか?


 

ご主人:そうです。ずっと植物を育てたかったのですが、以前の家はバルコニーが狭くてできなかったので、念願叶ってという感じでどんどん増えています。欲しい植物が見つかったら、それに合う鉢を探して、コーディネイトして楽しんでいます。毎朝起きてすぐに、植物に水やりをするのがとても楽しい。一日の良いスタートを切るための習慣となっていますね。

奥さま:私も料理をつくるときや片づけのときに、キッチンからテラスの植物を眺めるのが癒しになっています。


メゾネットの暮らしを動画でさらに詳しく見たい方はこちら
STORY's 「時間も空間も多層(レイヤー)に。メゾネットのレイヤードな暮らし。」

http://story-s.com/experience/experience_002.html


 
文:村田保子/撮影:古末拓也
取材・撮影:2015年7月

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 114.92㎡
  • 間取り: 2LDK+WIC
  • 既存建物竣工年: 2006年
  • リノベーション竣工年: 2012年

RC造の3階建てのテラスハウス。長い玄関アプローチから続く1階は、玄関ホールとトイレ、ガラスの間仕切りで区切られたワークスペース。ワークスペースは奥さまの仕事場として使っているほか、ご主人のレコードを収納する棚とDJブースもある。2階はLDKと水まわり。3階は寝室とウォークインクローゼットがある。最上階には屋上も。1階から3階までは螺旋階段でつながり、各階にバルコニーもある。

PROJECT MEMBER