お宅拝見

豊かな緑とメゾネット<1/3>

ともにグラフィックデザイナーとして活躍し、会社も経営しているTさんご夫妻。開放的な空間を求め、広めの中古マンションを探した末に辿り着いたのは、RC造3階建てのメゾネットタイプの物件だった。



既存の良さを残し、コンクリート打ちっ放しと
黒のスチールで武骨なイメージに。


——コンクリート打ちっ放しの壁と黒のスチールの階段が効いた、スタイリッシュな空間ですね。


ご主人:階段はもともと白だったのですが、黒に塗装したんです。初めてこの物件を見たときに、無機質なコンクリート打ちっ放しの状態が気に入ったので、それを残しつつ、黒のスチールや木を組み合わせて、武骨な感じで仕上げたらかっこいいだろうなとイメージが浮かびました。住宅よりも店舗のような雰囲気の家をつくりたかったんです。

——その通りの空間に仕上がっていますね。既存の物件も壁は打ちっ放しだったんですか?


ご主人:そうです。元々の状態はあまり手が入っておらずまるでスケルトンのような感じでした。でもスケルトンからリノベーションをやりたいと思っていたので、一目で気に入り、即決しました。

——RC造の3階建てのテラスハウスという、ちょっと変った物件ですが、どのようにしてこの物件に辿り着いたのでしょうか?


ご主人:この物件はインターネットを使って、自分たちで見つけました。同時進行でリノベーションを依頼する会社も探していて、物件を見つけた後すぐに、リビタにリノベーションを依頼しました。

奥さま:広いワンルームのLDKをつくることが希望だったので、90㎡以上の中古マンションを探していたのですが、エリアを世田谷や目黒に限定していたため、予算内でそういった物件には出会えませんでした。中古の一戸建ても見たのですが、小さい家が多かったです。その中でメゾネットタイプのこの物件を見つけ、1階から3階まで各フロアを、ワンルーム的に使えることに魅力を感じました。


 

——既存物件の間取りや水まわりの配置などは、そのまま流用されている部分が多いですね。

奥さま:給排水管の都合などから、水まわりの位置などはできるだけ変更せずに、活かしていく方向にしました。キッチンはもともと壁に面していたのですが、対面を希望していたので、そこは変更してもらいました。

ご主人:バスルームは広くしたかったのですが、構造的な問題で難しいということでした。しかし、バスルームから見える坪庭のような空間をつくることで、視線が抜けて、開放感と体感的な広さを感じられる場所になりました。
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 114.92㎡
  • 間取り: 2LDK+WIC
  • 既存建物竣工年: 2006年
  • リノベーション竣工年: 2012年

RC造の3階建てのテラスハウス。長い玄関アプローチから続く1階は、玄関ホールとトイレ、ガラスの間仕切りで区切られたワークスペース。ワークスペースは奥さまの仕事場として使っているほか、ご主人のレコードを収納する棚とDJブースもある。2階はLDKと水まわり。3階は寝室とウォークインクローゼットがある。最上階には屋上も。1階から3階までは螺旋階段でつながり、各階にバルコニーもある。

PROJECT MEMBER