お宅拝見

建物の歳月と街との調和<3/3>

壁の仕上げは、構造用合板
DIYにはうってつけの素材

 
——すべてDIYで塗装をされたそうですね。

ご主人:コスト削減の目的もありましたし、いい機会だからと、内部の塗装をすべて自分たちでやりました。白い部分は珪藻土をコテで塗り、ブルーの壁面はポーターズペイント、トイレ内部のイエローはカラーワークスでペイントしました。



ご主人:柱や天井、床のオイル塗りも自分たちでやりました。一度は会社の同僚に呼びかけて、5人ほど集まってもらい、半日くらい作業をしてもらいました。あとは夏休みを使って、少しずつ……。珪藻土もポーターズペイントも、販売しているところで塗り方の講習を受けました。珪藻土の販売店からは、大きな道具を貸してもらえたので助かりました。仕上がりに素人っぽさが出ていますが、一度やっておけば補修の仕方もわかるので、よかったと思っています。



——無垢な素材感が印象的ですね。

ご主人:本物の素材感が好きなので、ナラの無垢材の床にこだわりました。犬を2匹飼っているので汚れもしますが、自分で手を入れられるのであまり気になりません。古さを生かした柱や梁の質感も気に入っています。


 
奥さま:構造用合板の壁は、気兼ねなくビスや釘で棚を付けたり、好きな色に塗ったりできるのがいいところです。




——今後、やってみたいことはありますか?

奥さま:引っ越してからあまり手を入れられていないので、やりたいことはたくさんあるんです。でもまずは、大きな目的だったTRUCKのキャビネットを購入し、ダイニングキッチンに置くことですね。10年来抱き続けた夢なんです。



ご主人:リビングには、梁にハンモックを吊るしたり、プロジェクターを付けたりしてみたいです。室内外に観葉植物をもっと増やしたいし、建物とイメージの合っていない和風の庭にも、少しずつ手を加えていかないと。「SOLSO FARM」などのグリーンショップに行くことも増えました。花の咲く植物を植えて、犬たちが走り回れるようにできたらいいですね。

photograph_koji yamada
取材・撮影:2015年7月
■利用サービス:リノサポHOWS Renovation Lab.

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 93㎡
  • 間取り: 2LDK
  • 既存建物竣工年: 1969年
  • リノベーション竣工年: 2014年

PROJECT MEMBER