お宅拝見

ゆとりの空間といくつもの居場所<1/3>

昨年4月にシンガポールからご帰国されたHさんご家族。ご夫婦と4歳の息子さんが暮らす新居として、周辺に緑が多く、落ち着いた住宅街にある「ルクラス碑文谷」を選んだ。専有面積100㎡を基準とし、立地と建物にこだわった「R100 TOKYO」が展開する一棟丸ごとリノベーションマンションシリーズだ。



25畳近くあるゆとりのLDKは、
いくつもの居場所を生み出す。


——玄関や廊下なども広々していますが、LDKに足を踏み入れると、さらに開放感にあふれていますね。90㎡以上という面積の心地よいゆとりを感じます。LDKだけでも25畳近くありますものね。


奥さま:LDKを広くすることにはこだわりがありました。オープンキッチンとカウンターを設けたいと思っていましたから。キッチンで料理や家事をしながら、リビングやダイニングで家族が過ごす様子に、目が届くような空間をイメージしていました。

ご主人:友人を家に呼んで過ごすことが多いんです。大勢の人が集まったときに、ひとつの連続した空間でありながら、キッチン、カウンター、リビングのソファ、ダイニングテーブルなど、いろいろな居場所が自然に生まれるようなLDKとなっています。

奥さま:家族が何組か集まると、ご主人同士はカウンターで、奥さま同土はダイニングテーブルで、子ども同士はリビングで遊ぶといった感じで、3つくらいのグループに分かれるようなイメージです。



——斜めの壁に出窓があり、変化に富んだ空間だから、それぞれの場所で居心地が異なるのですね。斜めの壁という難しい要素を素敵に活かされていると感じます。

ご主人:その点については、設計の仕事をしている父がアイデアを提供してくれました。最初は南側にバルコニーがあるので、オープンキッチンはバルコニーに面して配置するつもりだったのですが、西側にある出窓からの景色は抜けがいいんです。父から「この家の正面は西だよ」というアドバイスを受けて、LDKの基本的な配置が決まりました。



奥さま:結果的に子どもがリビングで遊んでいることが多く、キッチンに立ちながらその様子を見守ることができて大正解でした。また、子ども室は個室にしましたが、リビングを通って中に入るような配置にしています。この子ども室もキッチンから見やすい場所にあるので、子どもが小さい間は、ドアを開けておけば、室内の気配が伝わり安心できます。リビングと子ども室が近いことで、おもちゃが散らかり放しにならず、すぐに片づけられるのもよかったです。

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 94.66㎡
  • 間取り: 2LDK+ワークスペース
  • 既存建物竣工年: 1992年
  • リノベーション竣工年: 2014年

広い玄関ホールから左手に進みドアを開けると、25畳近くあるLDKが広がる。斜めの壁と出窓がある変化に富んだ空間。5畳半の子ども室へはLDKから入 室する動線。玄関ホールの右手にはワークルーム、ウォークインクローゼットを備えた寝室、水まわりなどがある。ワークルームは4畳半とコンパクトだが、パソコンや勉強ができるデスク、奥さま専用の彫金のためのスペースもある。