お宅拝見

ワンルームと動くロフト<3/3>

 

壁と天井は自分たちで色を選んで塗装。たくさんのアイデアや遊び心を形に

——バルコニー側にはリビングに面したオープンキッチンがありますが、こちらは奥さまのご希望ですか?


奥さま:もともと持っていたソファに合わせて、シンクと一体となったダイニングテーブルをつくることを希望しました。家族が集うメインの場所です。将来的には娘たちと一緒に料理をすることもあると思うので、広々としたキッチンにしたかったんです。

  

——コンロがある壁側のカウンターの天板はモルタル、壁にはレンガ風のタイルが使われ、仕上げにもこだわられていますね。

奥さま:武骨でかっこいい感じが好きなのですが、設計者さんがその希望を汲み取って、いろいろな素材を提案してくれたので、想像していた以上に素敵な仕上がりとなりました。

  
——モルタルの天板に埋込まれたカラーバー(深夜放送休止時間に表示される映像)のアイデアはどこから出てきたのですか?

ご主人:私が映像関係の仕事をしているので、アイコンとしてどこかに埋込みたいと希望しました。いつも目に触れる位置に埋込むことができて嬉しかったです。

奥さま:浴室のタイルにも、数箇所にカエルのタイルを使って遊んでみました。

——床の素材は何ですか?


ご主人:杉の幅広のフローリングです。ワンルームで空間が広いので、幅広を選んで、ゆったりとした印象にしたかったんです。

——壁と天井は塗装ですが、うっすら色が付いていますよね?


奥さま:「ポーターズペイント」のベージュ系の色です。壁と天井、黒板塗料は自分たちで色を選び、すべて施主塗装しました。私と主人の両親にも参加してもらって、家族総出で2日間かかりましたね。適度に陰影が出て、味わいがあり気に入っています。

  

——ご家族にとっては良い思い出になりそうですね。お話をお聞きして、Tさんご夫妻のこだわり、たくさんのアイデアや遊び心が形になって、空間が仕上がっているのを感じました。

ご主人:設計者さんやリビタのコンサルタントさんからもいろいろとアイデアをもらいました。自分たちだけでは決められないことばかりでしたが、意見をもらって背中を押してもらって、アイデアが形になったと思います。

 
■利用サービス:リノサポ

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 68.28㎡
  • 間取り: 1ROOM
  • 既存建物竣工年: 1987年
  • リノベーション竣工年: 2013年

玄関側に大きめの土間があり、室内窓のある壁で土間と居室を切り分けている。壁はここだけで、可動式のロフトで空間を間仕切っている。浴室は玄関の脇にあり、トイレ、洗面、キッチンが壁に沿って並ぶ。バルコニー側にはリビングに面したシンクと一体型のダイニングテーブルがある。オープンでゆったりとしたキッチンは、家族が集う中心となる場所。バルコニー側の窓に面したご主人のワークスペースもある。

PROJECT MEMBER

  • 株式会社リビタ
    「リノサポ」コンサルタント 桜庭伸也


    宅地建物取引士/住宅ローンアドバイザー

    不動産仲介会社にて、法人向け・個人向けの仲介業務を従事したのち、2011年よりリノサポコンサルタントへ。
    不動産の王道を熟知しながらも、クリエイティブマインド溢れる稀な仲介マンとして「売主様」と「買主様」、「お客様」と「物件」など、常に両者を気持ちよくつなげる「仲介」を大事にしています。自身のリノベーション体験をもとに、お客様と等身大でお話ししながら、暮らしづくりの提案をいたします。
  • 設計

    ETLA design
    川上賢次