お宅拝見

気分や用途で使い分け
家族みんなでシェアする土間とロフト<1/3>

―こちらに住む前は、どのような住居にお住まいでしたか?

ご主人:8年間くらい千葉県浦安市の賃貸マンションに住んでいました。2DKで60m2くらいあって、陽当たりも良く気に入っていました。3年前に子どもが生まれたのですが、小さいうちはそのままでいいかなと考えていて、しばらくの間は住み続けるつもりでした。でも、子どもが1歳になり歩き始めると、途端に手狭に感じるようになりましたね。


土間が広がる玄関

―家を購入しようと思ったきっかけは何ですか?

奥様:手狭になってきたし、2人目も考えているので、「そろそろ買おうか」という話になりました。でも最初主人は、一戸建てがいいと思っていたらしく、漠然としたイメージでしか考えられませんでした。私はマンションでもいいと思っていたんですけど。

ご主人:一戸建てが良かったのですが、予算的に郊外のエリアじゃないと難しく、通勤が遠くなるのがネックでした。建売やハウスメーカーに頼むとイメージ通りの住まいがつくれないという不満もあったし。とにかく漠然としていて、決め手にかけていましたね。

―現在の住まいはどのように探したのですか?

ご主人:一戸建ては難しいからマンションを探そうと、いったん方向修正をしていろいろ調べているうちに「リノベーション」という言葉を知りました。それですぐにリビタのホームページにたどり着いたんです。ちょうど一棟丸ごとリノベーションの「リノア元住吉」の説明会が開催される時期だったので、試しに参加してみました。


左)BEFORE(外観)
右)AFTER(外観)

 
奥様:後日モデルルームを見学して、壁の一面がカラフルな色や黒板塗料で塗られていたり、開放感のあるアイランドキッチンが部屋の中央にあったりするのを見て、 「こんなことができるんだ!」と驚きました。解体前の既存の部屋も見ることができたので、「これほど劇的に変わるの!?」というビフォア&アフターのイメージを実感できたことも良かったです。その後すぐに申し込みをしました。


左)BEFORE(モデルルーム)
右)AFTER(モデルルーム)
 
―中古を買うことに対する不安はありませんでしたか?

ご主人:築20年という古さは気になりましたが、リビタの説明会で構造や基礎、共用部など、建物全体の調査や改修も行われるということだったので、安心できました。 偶然の出会いですが、一棟丸ごとリノベーションというパッケージになっている手軽さも良かった。自分たちで全部やろうとするととても大変だし、工事中に近 隣に迷惑をかけてしまうなどの不安もありましたから。
 
―この住まいを選んだ決め手は?

奥様:設計の自由度を求めていたので、自分たちの思いをゼロから設計者につくってもらえる自由設計コースは、私たちのニーズにぴったりでした。画一的なものより、 人と違うこと、面白いことをしたいという気持ちが強く、モデルルームを見て迷わず即決でしたね。実はモデルルームを購入したいと思っていたのですが、競争率が高そうだったので、同じ1階で庭のあるこの部屋に決めました。緑に囲まれていて、子どもが素足で外へ出て遊べて、プライバシーも確保されているという周辺環境は理想的でした。


1F住戸のデッキテラス付専用庭
 
ご主人:元住吉にはまったく馴染みがなかったのですが、通勤にも便利で街の雰囲気も良く、人気のあるエリアですから、資産価値としても魅力的でしたね。先のことは分からないけど、もしかしたら将来実家に戻る可能性もあるので、そのときに売却や賃貸に出しやすいという点でも、中古マンションリノベは私たちのライフプランに合っていたと思います。
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 69.52㎡
  • 間取り: LDK+ロフト付き収納2つ
  • 既存建物竣工年: 1986年
  • リノベーション竣工年: 2011年

PROJECT MEMBER