お宅拝見

マンション内に上部は寝室、
下部は土間の2階建てスペース?<2/3>

―プランのコンセプト、こだわりのポイントを教えてください。

◎マンションの中にある2階建てスペース

奥様:設計者さんには、開放感があって、オープンなキッチンを中心に人の気配が伝わる家にしたいという、ざっくりとした希望を伝えて、プランをいくつか提案してもらいました。お任せして斬新なプランが出てくることを期待していたんです。


空間を緩く仕切る中央のコアは、大容量の収納。
階段を上ると、上が寝室、下が土間の2階建てスペースに。

ご主人:そして出てきたのが、玄関横のスペースを2階建てにして、上部を寝室、下部を玄関から続く土間が広がる納戸とした驚きのプランでした。その横には水まわりをまとめた黒板塗装の箱、つくり付けの収納があり、脇を抜けるとワンルームのリビング、ダイニング、キッチンの広い空間へと、視界が抜けます。上部の寝室はプライベートスペースといった雰囲気で、とても落ち着ける空間。上から大きく開けたリビングを見下ろせるので、開放感もあり快適です。

奥様:下部の納戸は土間と床仕上げの空間に分かれていて、アウトドア用品など屋外の物と布団などの室内の物を両方収納できます。棚板もあるのですが、座卓と同程度の高さに設定されているので、カウンターとしても使うことが可能です。大きなサーフボードも土間の天井部分にぴったり収まっています。


"高さ"を活かした2階建てスペース

◎オープンなキッチンと掘ごたつ状のダイニング


奥様:我が家の中心とも言えるオープンなキッチンは、もっとも気に入っている場所ですね。排水を兼ねて一段上がっているので、立って料理していると部屋全体が見渡せて、コントロールタワーのような感じで開放感があります。身長に合わせて、カウンターを平均より5cm上げてもらったのですが、とても使いやすく、収納が豊富にあるのも便利ですね。




ご主人:キッチンの隣にある、テーブルとベンチをつくり付けた、掘ごたつ状のダイニングスペースには、10人以上座ることができます。友達が遊びに来ることが多いのですが、人数を気にせず呼べるのがいいですね。ベンチの下は収納になっていて、手前の引き出しには本やCDなども収められます。座面が広くなっている部分は小上がりのように床座りも可能で、縁側にいるような気分になれるんですよ。




奥様:ワンルームだけど、寝室、キッチン、ダイニングなどいろいろなところに段差があって、目線の高さが変化するので、ゆるやかに区切られているような感覚で居心地も変わって、移動にともないそれぞれの空間を新鮮に感じる効果もありますね。


オープンなキッチンと掘りごたつ状のダイニング

◎趣味のオーディオを美しく収納するための棚

ご主人:オーディオが趣味でAV機器がたくさんあったし、引っ越したらぜひ購入したいスピーカーなどもあり、それらにまつわる収納をぴったり合うようにつくって欲しいとお願いして、リビングの壁につくり付けの棚を造作してもらいました。テレビ、スピーカー、アンプなど、購入予定の機種に合わせてもらったので、美しくフィットしています。AV機器を置く棚は、配線などのために、手前に引き出すことができる機能もあるんです。

奥様:本当はスピーカーも棚に収めてもらいたかったのですが、周囲を囲まないほうが良い音が出るということで、棚の上部に置くような形になりました。

ご主人:ソファに座って、映画や音楽を鑑賞する時間もとても大切なので、ここはこだわりたかったポイントですね。


趣味のオーディオを美しく収納するための棚
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 69.52㎡
  • 間取り: 1LDK+ロフト
  • 既存建物竣工年: 1989年
  • リノベーション竣工年: 2011年

PROJECT MEMBER