お宅拝見

マンション内に上部は寝室、
下部は土間の2階建てスペース?<1/3>

―こちらに住む前は、どのような住居にお住まいでしたか?

ご主人:結婚後、都内の東側にある3LDK、70m2くらいの社宅に3年半住んでいました。社宅といっても、新築マンションを借り上げた形態だったので快適でしたが、既製品の窮屈さはありましたね。私たち夫婦は背が高いので、不特定多数の人に合わせてつくられている規格では、キッチンが低く使いづらいんです。
 
―家を購入しようと思ったきっかけは何ですか?

ご主人:いつかは家を建てたいという思いは昔からありました。建てるなら自分仕様のこだわった家を建てたいけど、都内だと予算的に新築は難しいから、郊外になってしまうかもしれない。都心に住み続けたいという気持ちもあったので、迷いながら雑誌などを見て、様子を伺っていました。


インタビューの様子

―現在の住まいはどのように探したのですか?

奥様:
住宅の雑誌をいろいろ見ているうちに、リノベーションという方法を知って、それもいいかなと思い始めたときに、リビタのことを知りました。ちょうど「リノア元住吉」の説明会が開かれるタイミングで、興味があったのでそれに参加してみたんです。リノベーションなら都心に住めるし、自分たちの好きなように設計をできるコースもあって、良さそうだなと思いました。さらに後日モデルルームが公開されたときに見学に行って、一目惚れでした。「ここに住みたい!」と感激して、すぐに申し込みをしたんです。


左)リノア元住吉外観  右)リノア元住吉モデルルーム

ご主人:マンションでもこんなに自由な間取りにできるんだと、驚きました。モデルルームは壁の色が水色だったのですが、「壁ってこんなにカラフルな色で塗っていいんだ!」と、ワクワクしました。

―中古を買うことに対する不安はありませんでしたか?

ご主人:新築を建てたいと思っていたので、多少の不安はありましたが、リビタのスタッフの方に耐震性などの疑問点をこまかく相談できたので、納得できました。自分たちでリノベーションするとなると、物件探しや設計事務所探しなど、大変なことや不安なことが多く、躊躇していたかもしれませんが、一棟丸ごとなら、購入については新築マンションと同じような感覚で選択できるので、それほど不安は感じませんでしたね。

―この住まいを選んだ決め手は?

ご主人:角部屋でプランの自由度が高かったことです。庭がある1階も魅力的でしたが、価格が少し高めだったので、少しでもリノベーションに予算を残せるように、予算内で収まる部屋を選びました。

奥様:リノベーションをするのが最大の目的ですからね。モデルルームを見て、自由設計コースを選んで、この部屋を設計したキーオペレーションさんに、設計してほしいと最初から希望していました。

 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 69.52㎡
  • 間取り: 1LDK+ロフト
  • 既存建物竣工年: 1989年
  • リノベーション竣工年: 2011年

PROJECT MEMBER