お宅拝見

6mの壁面収納をポイントに、多彩な色と素材でコーディネイトする壁<1/3>

―こちらに住む前は、どのような住居にお住まいでしたか?

Oさん:私が一人で住んでいた目黒区の賃貸マンションに、結婚後もそのまま二人で住んでいました。35m2の広めの1Kで、広いドライエリアがある面白い間取りの物件でしたが、子どもが生まれることが分かって、家族で暮らすには狭かったので、購入をするつもりですぐに探し始めました。



―家を購入しようと思ったきっかけは何ですか?

Oさん:自分自身が建築家であり、いずれは自分の家を自分で設計したいと思っているのですが、現時点ではエリアやどんな家をつくるかなどを決めきれないので、この先10〜15年くらい住むつもりでマンションを買おうと。時期的に買い時でもあったので、将来的には売ったり貸したりするつもりで、購入することを決めました。
 
―現在の住まいはどのように探したのですか?

Oさん:いろんな可能性を考えて、新築・中古マンション、コーポラティブハウスなどを検討しました。しかし新築は購入価格が高く、10年後売るときに下げ幅が大きくなるので難しい。コーポラは時間がかかるので、自分たちには向いていない。中古ならフルスケルトンにしてリノベーションすれば設計も自由にでき、自分の好きなスタイルで住める。それでも新築よりコストは抑えられると思ったので、早い段階から中古リノベを前提に、不動産会社からの紹介、ネットなどを中心に物件を探していました。

この物件に関しては、たまたまポスターを見て知ったんです。一棟丸ごとリノベーションという普通の中古とは異なるスタイルで、子育ての環境として魅力的なエリアだったので説明会に参加しました。


AFTER(外観)


左)AFTER(エントランス)  右)BEFORE(外観)

―中古を買うことに対する不安はありませんでしたか?

Oさん:一棟丸ごとリノベーションでは、躯体の試験結果などもしっかり公表されていたし、躯体以外の設備、配管などもすべて更新されるという説明を受け、不安は全くありませんでした。マンションは躯体よりも、水道管、ガス管、電気設備などの老朽化が先だと思うのですが、それらが専有部、共用部も含めて全部新しくなるということだったので。

―この住まいを選んだ決め手は?

Oさん:一棟丸ごとリノベーションは安心感があるし、希望に合わせてコースが選択でき、完全に自由設計にすることもできるから、自分にとってはいいことだらけ。大きな魅力を感じ、説明会の時点でほぼ購入を決め、現地での申込会で申込をしました。部屋は18戸あったのですが、子育て中の暮らしやすさを考え1階の部屋を希望。外部空間が暮らしにあることも重要だと考えていて、庭はぜひ欲しいと思っていたこともあります。庭が東側にあり駐車場に面して開けていて、開口部が明るく、庭に木蓮の木があったのも良かったです。


左)AFTER(エントランス)   右)BEFORE(エントランス)
 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 67㎡
  • 間取り: 1LDK
  • 既存建物竣工年: 1992年
  • リノベーション竣工年: 2010年

PROJECT MEMBER