お宅拝見

ヴィンテージマンションとリノベーション<1/3>

ビジネスオフィスや多くの飲食店が立ち並び、活気溢れる赤坂エリア。そして赤坂御用地や高橋是清翁公園がそばに広がる青山一丁目エリア。この付近は、数々の大手デベロッパーが初めてマンションを建て始めた、いわばヴィンテージマンション発祥エリアといわれています。今回取材させていただいたKさんのお部屋は、タイル貼りで落ち着きと風格のある外観や、整備の行き届いた吹き抜けの中庭、徹底したセキュリティ管理体制など、築30年が経過しているとは思えぬほど良好な状態で佇み、まさにヴィンテージマンションに属する趣のあるマンションの一室。「都心で働き、都心を楽しむ人」のための住戸として当社がリノベーション計画した、一戸ユニット・マンション「イガタ」にお住まいです。今回は、都会の活気と自然の安らぎを一度に楽しめる2つのエリアの中間で、どんな暮らし方をしているのか、都心に住まうライフスタイルについてお話を伺いました。


Real Design取材風景。
Kさまのお住まいは、「Real Design 2007年10月号」 第2特集:「ヴィンテージ住宅案内」で紹介されています。


ご協力いただいたKさん。

―こちらにお住まいになる前はどのような形態の住居にお住まいでしたか?

Kさん:会社の寮に住んでいました。

―家を購入しようと思ったきっかけは何ですか?

Kさん:今まで、食事やお酒などの"消えてしまうもの"ばかりにお金を使っていて...そろそろ"残るもの"にお金をかけようかなと思いはじめたんです。両親からも、家は早めに持った方がいいと助言されていました。

―こちらの物件情報はどのようにして知ったのでしょうか?

Kさん:最初に写真を見せてもらった時、お!いいなあと。でも、モデルルームとして装飾されていたインテリアの照明がシャンデリアだったのでちょっとビックリしました(笑)エリア的には実は本命ではなかったんですよ。青山と赤坂の中間と聞いて、赤坂は飲み屋街のイメージでしたから、こんなところにこういうマンションがあるのかとちょっと驚きました。でも実際見学に行ってみると、パッとみた瞬間、いい!と思って、すぐ気に入って決めました。

―住宅購入の際、「いい!」と思って即決というのは、かなり勇気がいると思うのですが、中古に対する躊躇はありませんでしたか?また、ご家族の理解はすぐに得られましたか?

Kさん:中古マンションだからダメってことはないと思います。祖父が趣味で骨董品を集めていて、希少価値のある古美術や古道具を大事に扱っている姿をみてきました。その影響もあって、古いとか新しいとかではないモノの見方を自然と身につけたのかもしれません。つまり、モノの本質の部分『いいものは、いい。』という自分自身の価値観と選択の基準がクリアできたので、ためらいはありませんでした。 もちろん、このマンション自体もしっかり建っていて問題ないですしね。将来は、結婚したり子供ができたりすれば、きっと必要とする住空間が変わってくるはずなので、そのときは売却だったり、賃貸住居として貸し出したりすることも考えています。自分が「いい!」と思ったなら、賃貸でも「いい!」と思う人もいるはずなので。そういう意味でも、この家は資産運用として普通のマンション以上の価値があると思っています。

 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 51.92㎡
  • 間取り: ワンルーム
  • 既存建物竣工年: 1977年
  • リノベーション竣工年: 2007年

PROJECT MEMBER