お宅拝見

自分らしく、湘南の暮らしを楽しむ<1/3>

これからずっとここに住み続けるの?

はしゃぐ子供の声に誘われて建物に近づいていくと、庭付き1階住戸の中で木製フェンスをつけている家があるのに気づく。外を歩く人からの視線を遮る役割を果たしているフェンスを取り付けたのは、この家のご主人、Sさん。リビタの『一棟丸ごとリノベーション』物件、「リノア湘南辻堂」に引っ越してくるまで、ガーデニングの趣味はもちろん、庭いじりが好きだという意識はなかったという。

Sさんご夫妻が以前暮らしていた賃貸アパートは南東向きの2階。スペックを見る限りではかなりの好条件だ。ところが昼間でも電気をつけなければならないほどで、

「外は明るいのに電気をつけるなんて…。特に家で過ごすことの多い私にとって、日当たりはとても気がかりでした」(奥さま)

その後、長男が誕生。新しい家族が増えたことで、これからの住まいについて、より考えるようになる。道路に面して立つアパートだから、ある程度の騒音は覚悟していた。しかしアパートの目の前でマンションの新築工事が始まったのだ。できあがるまでの1年半とはいえ、とにかくうるさい。

「もっと明るく静かな環境で、のびのびと子供と遊びたいよね」

こうしてふたりの家探しがスタートした。何軒もの物件を見て歩いたが、新築、中古、一戸建て、マンション、どれを見てもピンと来ない。

「ぴったり希望に合うものはなかなかないものですね。それに騒音や日当たりを確認しないまま、間取り図だけで新築マンションを買うのは、どうしても踏ん切りがつかなかったんです」(ご主人)

永く暮らす「我が家」選びに妥協はしたくないと、希望をかなえる物件に出合えないまま数カ月が経過。でもこの間にさまざまな物件を見たことが、ふたりの住まいを見る目を養っていくことになった。


「庭付き」の条件は1階の物件を選ぶことでクリア。洗濯物を干してもまだまだ余裕があるのが嬉しい。


既存物件だから日当たりも事前に確認。明るい!

 

間取り・プランを見る

  • 専有面積: 85.0㎡
  • 間取り: 3LDK
  • 既存建物竣工年: 1993年
  • リノベーション竣工年: 2006年

PROJECT MEMBER