くらし談義

第2の人生を歩むために、つくり上げた自分の居場所<5/5>
近藤剛さん FINETIME COFFEE ROASTERSオーナー

小田急線経堂駅から歩いて3分ほど、商店街の通りから横道に入った静かな場所に、近藤剛さんが経営する『FINETIME COFFEE ROASTERS(ファインタイムコーヒーロースターズ』があります。築50年の一軒家を、1階が店舗、2階を住居にリノベーションし、2016年6月にお店をオープンしました。金融業界から一転、自らコーヒーショップを開業することを選んだ理由や職住近接の暮らし方を聞くうちに、どんなこともポジティブに捉えて、しなやかに人生を楽しんでいく近藤さんの姿勢が見えてきました。

近藤剛さんのお気に入り

お気に入りの場所

「UPLINK」 若き天才の才能に浸れる、小さな映画館
映画が好きな近藤さんは、渋谷のアップリンクによく行くという。アップリンクは、渋谷の中心地から少し離れた落ち着いたエリアにある、ギャラリーやカフェを併設したミニシアター。アップリンクのオンライン映画館でも配信中のグザヴィエ・ドラン監督作『わたしはロランス』は、近藤さんのお気に入り映画の1本。2012年にカンヌ国際映画祭の独立賞である「クィア・パルム」を受賞した秀作だ。
 
アップリンク渋谷
東京都渋谷区宇田川町37-18トツネビル 1-2階
03-6825-5503


 

お気に入りの音楽

店名の由来になったポップなテクノ・New Order『Fine Time』
​カウンターの壁に飾られた一枚のアート…と思いきや、実はこれは店名の由来にもなっている近藤さんお気に入りの楽曲、New Order『Fine Time』のレコードジャケット。『FINETIME COFFEE ROASTERS』という店名には、「良いコーヒーと良い時間を」という思いを込めたそう。1988年にヒットしたこの曲は、とてもポップでノリのいいテクノチューン。

お気に入りの道具

「AEROBIEのAEROPRESS」 店の特徴を決定づけた、コーヒー道具
2016年度日本エアロプレスチャンピオンシップの3位に入賞した近藤さんのお気に入りの道具は、やはりエアロプレス。浅煎りのフルーティーな豆で淹れるコーヒーショップにしようと決めたときに、その豆の美味しさを一番引き出せるエアロプレスで淹れることにしたという。エアロプレスだけで淹れるコーヒーショップは少なく、遠方から飲みに来るお客さんも多いそうだ。